髪の毛が薄い悩みを解消したい!具体的な対策や薄毛をカバーする方法を紹介

髪の毛が薄い悩みは、いつの時代も切実なものです。

もともと猫毛の人や、年齢とともに髪の毛が細くなったり、頭頂部が薄くなってきたりすると気になって、鏡を見るたびため息をついてしまう人も多いのではないでしょうか。

ここでは、髪の毛が薄い悩みを抱える人のために、髪が薄くなる原因と対策、男女別の薄毛をカバーする髪型やヘアアレンジなどについてご紹介しています。

男性だけじゃない!薄毛で悩む女性も増えている?

薄毛に悩む男性の話はよく耳にしますが、薄毛に悩む女性も意外に多くいます。

髪の毛が薄いことで悩んでいるのは男性だけじゃない!

薄毛のケア商品やCMは昔から男性を対象にしたものが多く、女性向けのケア商品はあまり開発されていませんでした。

男性のように、髪のほとんどが失われるような薄毛に悩む女性の割合は少ないといえます。しかし、髪を長く伸ばすことの多い女性にとって、髪にハリやコシが失われて薄く見えたり、頭頂部が薄くなったりするような状態は、男性よりも辛い悩みとなるケースが多いのです。

20代で髪の薄さに悩んでいる女性も

「髪が薄い悩みは加齢による老化現象」というイメージが強いかもしれませんが、髪の薄さに悩む20代女性も少なくありません。

もともとの体質やその他の要因が重なり、髪の分け目や前髪の薄さ、ボリュームが出にくい髪質など、自由におしゃれを楽しみたい若い女性にとって、髪の薄さは悩ましい問題の1つとなっているのです。

髪の毛が薄くなる原因とは?

男女問わず悩みの種となる薄毛ですが、髪の毛が薄くなってしまう原因は男性と女性では違うのでしょうか。

男性と女性では、髪の毛が薄くなる原因に違いが見られる

男性と女性では、髪が薄くなる原因に違いがあります。

ストレスなど男女共通の原因もありますが、それぞれの原因について以下で詳しく見ていきましょう。

【男性の場合】

・男性ホルモンの影響

特定の男性ホルモンには、髪の成長をさまたげる作用があります。遺伝などで男性ホルモンに対する感度が高い人は、毛髪が成長する前に抜けやすくなってしまうのです。

男性ホルモンによる抜け毛の増加は、薄毛の悩みが男性特有のものとされてきた理由の1つともいえるでしょう。

【女性の場合】

・主に加齢に伴うホルモンバランスの乱れ

女性の薄毛にも、ホルモンが関係しています。加齢によって女性ホルモンが少なくなると、女性にも分泌されている男性ホルモンのバランスが強くなり、結果として薄毛の原因となることがあるのです。

・パーマやカラーを繰り返している

パーマやヘアカラーは髪だけでなく、頭皮にもダメージを与えます。

強いパーマやブリーチなどを何度も繰り返していると、頭頂部が薄くなってしまう場合があります。

・過度なヘアケア

強いマッサージや自己流の育毛、流すべきトリートメントを流さないなど、過度なヘアケアはかえって薄毛を悪化させる場合があるので注意が必要です。

【男女共通】

・食事や生活習慣の乱れ

暴飲暴食や睡眠不足など、生活習慣の乱れは血行不良を引き起こしやすく、毛根までしっかりと栄養が届きにくくなります。

シャンプーのすすぎ残しや、頭皮がきちんと洗えていないなど、雑なヘアケアも薄毛の原因となりやすいものです。

・ストレス

強いストレスにさらされると自律神経がうまく働かなくなり、毛細血管の収縮による血行不良の原因となることがあります。

ストレスでイライラする、眠れないといった症状が起これば、生活習慣の乱れにもつながるため、薄毛に悩む方にとって、過度のストレスは要注意です。

必見!薄毛をカバーしやすいのはこんな髪型!

薄毛対策と並行して、髪の毛が薄いことをカバーできる髪型についてもご紹介します。

男性の場合

・ツーブロック

ツーブロックとは、髪の長さに差をつける髪型のことです。薄い部分を刈り込み、残っている部分の毛髪を長めに残すことで薄毛をカバーできます。

・ソフトモヒカン

左右の頭髪を中心に集めたソフトモヒカンは、頭頂部の薄毛をカバーできるおすすめの髪型です。

・おしゃれ坊主(ボウズ)

薄毛を隠さず、すっきりと坊主にしてしまうのは最近のトレンドとなっています。

刈り方にグラデーションをつけると、おしゃれな坊主頭に仕上がります。

共通として、薄毛の男性の場合はそれを隠さずに、大胆に刈り込んだスタイルが向いているといえるでしょう。

女性の場合

・ふんわりミディアムヘア

レイヤーを入れて軽さを出したミディアムヘアは、細い髪をふんわりと見せられます。髪の根元から立ち上げるようにブローするのがポイントです。

・ボリューミーなショートスタイル

頭頂部にボリュームが出るようなショートスタイルは、髪の重みでぺたんこになるのを防ぐことができます。薄毛の女性全般におすすめできるスタイルです。

・ゆるふわハーフアップ

サイドの髪をゆるくまとめて、髪の薄い部分をカバーするハーフアップスタイルもおすすめです。

ゴムできっちりまとめ過ぎず、櫛の先などを使って髪を少しふくらませるように引っ張り出すのがポイントです。難しい場合は、頭頂部にポンパドールを作るだけでも、簡単に分け目の薄さをカバーできます。

豊かな髪を取り戻すために自分でできる対策を紹介!

最後に、自分でもできる薄毛対策についてご紹介します。

規則正しい生活、バランスの良い食生活を心がけよう

規則正しい生活では、適度な運動と充分な睡眠を意識しましょう。

バランスの良い食事では、髪のもととなるタンパク質やコラーゲン、髪の育成を助けるビタミンB6、A、E、Cなどを意識して摂るようにしましょう。

頭皮マッサージで頭皮の血流アップ!

髪の生え際から頭頂部に向かい、指の腹を使ってやさしくマッサージしてみましょう。

1日に2~3回行うことで、頭皮の血流アップが期待できます。

自分に合った育毛剤で頭皮をケア!

上記にプラスして、自分に合った育毛剤でスペシャルケアを行いましょう。

fa:sa(ファーサ)は使い方が簡単。スキャルプパッチ+育毛剤のW使いで、自宅で本格的な育毛ケアができます。

まとめ

髪の毛が薄い悩みは男性だけでなく、女性の悩みでもあります。

薄毛の原因は男女によって違うケースもありますが、ストレス解消やバランスの良い食事、充分な睡眠といった対策に育毛剤をプラスすると良いでしょう。