髪と頭皮の乾燥は抜け毛を招く!抜け毛予防につながる頭皮ケア

乾燥した髪はパサパサでツヤがなく、髪のまとまりも悪くなります。
髪の乾燥はドライヤーやパーマなどのダメージだけでなく、
頭皮の乾燥も原因になることをご存じでしたか?

頭皮の乾燥は抜け毛の原因になるため、頭皮にうるおいを守るケアが必要です。
こちらでは、髪と頭皮が乾燥する原因と抜け毛の関係性、
頭皮の乾燥による抜け毛の予防法について解説します。

■乾燥と抜け毛の関係性
髪が乾燥する原因と影響、頭皮の乾燥で抜け毛が起こるメカニズムを紹介します。

◇髪が乾燥すると切れ毛につながる
水分が不足した状態の髪は、表面にあるうろこ状のキューティクルが開いて髪がもろくなります。
キューティクルの剥がれが起こり、髪同士が絡まって切れ毛につながるのです。

キューティクルは水分だけでなく、髪内部の栄養を閉じ込める、摩擦などの刺激から守る役割を持ちます。しかし、カラーやパーマの薬剤で弱酸性の髪がアルカリ性に傾くのですが、
弱酸性に戻りきれないとキューティクルが開いたままになり、髪の乾燥が進んでしまうのです。

また、キューティクルは髪が濡れると開く性質があり、
シャンプー後に乾かさないと髪同士がわずかに擦れるだけでダメージを受けてしまいます。
ドライヤーやヘアアイロンなどの熱ダメージ、
紫外線のダメージ、乾燥したエアコンの風を浴びるなど、髪の乾燥はさまざまな原因があります。
また、頭皮が乾燥すると皮脂が少なくなり、
髪をコーティングする効果が得られなくなることも切れ毛の原因の一つです。

◇抜け毛は頭皮の乾燥が原因
頭皮が乾燥すると血行が悪くなり、髪の成長に必要な酸素と栄養が行き渡らなくなります。
髪の成長が止まって自然に抜けるのは正常の働きですが、
頭皮が乾燥すると成長が終わる前に髪が抜けてしまうのです。

頭皮の乾燥の主な原因は、洗浄力の強いシャンプーを使うこと、頭皮が紫外線を浴びることです。
洗浄力が強いシャンプーは、保湿のために必要な皮脂が洗い流されて頭皮が乾燥します。
肌が乾燥するとかえって皮脂の分泌が過剰になり、髪の成長を妨げる可能性も否定できません。
また、紫外線は皮脂の細胞を破壊し、老化が進むことも抜け毛につながります。

■頭皮の乾燥を改善して抜け毛予防
頭皮の乾燥を改善すると、健康な髪に成長することで抜け毛予防になるだけでなく、
皮脂の分泌が正常になり切れ毛の予防につながります。そこで、頭皮と髪にうるおいを与えるため、
次に紹介する予防法を取り入れましょう。

◇低刺激のシャンプーに変える
頭皮に必要な皮脂を残すには、低刺激性のシャンプーに変える方法が有効です。
髪や頭皮をやさしく洗い上げるアミノ酸系や、
頭皮にうるおいを与える保湿成分を含んだシャンプーを使うといいでしょう。
一方、避けた方がいいシャンプーは、洗浄力が強いラウリル硫酸ナトリウムを配合したものです。
シャンプーを選ぶ際は、配合している洗浄成分にも注目しましょう。

また、せっかくシャンプーを変えても、高温のドライヤーをかけると髪と頭皮が乾燥してしまいます。
正しいドライヤーのかけ方は、頭から20~30センチほど距離を離し、
全体にまんべんなく風を当てることがポイントです。
8割ほど乾いたら冷風に切り替えると、水分の蒸発を防ぐことができます。

ただし、ドライヤーをかけないとキューティクルが開いて乾燥が進むだけでなく、
雑菌が繁殖してニオイやかゆみ、フケの原因になるので注意しましょう。

◇食生活の見直し
髪の成長は食べ物からとる栄養が使われるため、食生活を見直すことも抜け毛予防に効果的です。

頭皮の健康と髪を作るタンパク質、頭皮の乾燥を防ぐビタミン類、
髪の発毛を助けるミネラルは、毎日こまめにとることを心がけましょう。
卵や肉、魚、大豆などアミノ酸が豊富な動物性タンパク質、
ビタミン類が豊富な緑黄色野菜や果物、髪の原料のケラチンを合成する亜鉛が豊富な牡蠣やレバー、
乳製品、アーモンドなどがおすすめの食べ物です。

一方、頭皮に悪影響を及ぼすのは、香辛料やカフェイン、甘いもの、アルコールなどが挙げられます。
それらをとりすぎると髪にも健康にも良くないので、適量を守ることが大切です。

◇生活習慣の見直し
食生活の見直しに加え、睡眠不足やストレス、喫煙などの生活習慣の見直しも頭皮ケアに必要です。
睡眠中に分泌される成長ホルモンは、髪の成長に欠かせません。
睡眠不足では成長ホルモンの分泌が滞り、さらなる抜け毛を招く原因になります。

また、ストレスで自律神経が乱れると、頭皮の血行不良で栄養が不足し、抜け毛が加速します。
ホルモンバランスを乱すことにもつながるので、ストレスは溜めずに発散しましょう。

喫煙はビタミンCが消費されて頭皮の乾燥が進み、抜け毛を招く要因になります。
頭皮を含めた肌の老化も抜け毛につながるので、タバコの吸いすぎには注意しましょう。

◇紫外線から頭皮を守る
頭皮の紫外線対策は、帽子や日傘などの直射日光を避けるアイテムを使いましょう。
スプレータイプの日焼け止めを、頭皮にスプレーする方法も効果的です。

◇育毛剤で頭皮を保湿する
頭皮の乾燥も顔と同じように、保湿成分を配合した育毛剤で保湿してあげましょう。

おすすめの育毛剤「fa:sa」は、育毛トニックに保湿効果が高いヒアルロン酸を配合。
マイクロニードル技術で育毛成分を針状に結晶化したスキャルプパッチとのダブル使いで、
頭皮の中と外側に有効成分がしっかり浸透します。
モズクエキスやセンブリ抽出液などの育毛成分により、
健康な髪が成長することで抜け毛の予防効果が期待できるでしょう。

■まとめ
髪の乾燥はパーマなどの薬剤や紫外線のダメージに加え、頭皮の乾燥も原因の一つです。
キューティクルが開くことで髪がもろくなり、わずかな摩擦でも切れ毛が起こります。
頭皮が乾燥する原因は、パーマの薬剤や紫外線のダメージ、洗浄力の強いシャンプーを使うことです。
頭皮のうるおいを守るには、シャンプー選びや食生活、生活習慣の見直しなど、
日常生活を工夫する必要があります。

頭皮に保湿成分と育毛成分をしっかり与えられる、育毛剤を使うことも頭皮ケアにおすすめです。
育毛の有効成分とヒアルロン酸による保湿効果で、健康な髪が成長しやすい頭皮環境に導いてくれます。

切れ毛や抜け毛が気になりはじめた方は、
育毛剤fa:saをデイリーケアとして取り入れてみてはいかがでしょうか?