頭皮環境が悪い状態になる原因とは?頭皮環境を良くするケア方法

健康な頭皮環境は、美しい髪を育むために欠かせません。
しかし、生活習慣の乱れやストレスなどの要因で、頭皮環境はいとも簡単に悪化してしまうのです。
頭皮環境を良くするには、生活習慣の見直しと適切な頭皮ケアが必要です。
こちらでは、頭皮環境が悪化する具体的な原因と髪への影響、
頭皮環境を健康にするケア方法を解説します。

■頭皮環境が悪くなる原因と髪に与える影響
頭皮環境の悪化を招く主な原因と、髪への影響を見ていきましょう。

◇ストレスによる頭皮の血行不良
仕事の忙しさや人間関係など、日頃からストレスを感じている方も多いでしょう。
人間はストレスを感じるとストレスホルモンを分泌し、血管を収縮させる働きをします。
加えて、ストレスは自律神経を乱し、血液の循環機能も低下してしまうのです。

つまり、ストレスによる血行不良で、栄養と酸素が行き渡らなくなることで頭皮環境が悪化します。
頭皮環境は血行の良さがもっとも重要なので、
ストレスは頭皮環境が悪化する最大の原因といえるでしょう。

◇紫外線のダメージ
1年中降り注ぐ紫外線により、頭皮の乾燥や炎症、皮脂の酸化で頭皮環境が悪化します。
皮脂が酸化すると毛根が収縮し、抜け毛や薄毛を招きます。
また、紫外線は髪のパサつきや髪色が赤くなるといった、髪の状態にも影響を及ぼすので注意が必要です。

顔や手足は紫外線ケアをすることが多い反面、頭皮は無防備のままという方も多いでしょう。
頭皮は顔の2倍以上の紫外線を浴びるといわれており、帽子や日傘などの紫外線対策が必要です。

◇ホルモンバランスの乱れ
毎月の生理、妊娠や出産、加齢、ストレスといった要因で、女性ホルモンの分泌に乱れが生じます。
エストロゲンの分泌が減少する反面、プロゲステロンの分泌が増加することで、
皮脂の分泌が過剰になり頭皮環境が悪化するのです。

また、ホルモンバランスの乱れは自律神経に影響し、
血行不良が起きやすくなることも頭皮環境を悪化させる要因の1つです。

◇間違ったヘアケア
シャンプーやドライヤーなど、間違ったヘアケアも頭皮環境の悪化を招く原因の1つです。

シャンプーのやり過ぎや洗浄力の強いシャンプーは、頭皮に必要な皮脂まで落としてしまいます。
フケ、かゆみに加え、頭皮の乾燥によって皮膚が硬くなり毛穴を詰まらせる原因になるのです。
また、余分な汚れや皮脂を洗い残すと雑菌が繁殖し、頭皮の臭いやかゆみ、
頭皮の炎症を招くので注意が必要です。

そして、100度近くあるドライヤーの熱風を長時間当てたり、
吹き出し口を近付けすぎたりする行為も頭皮の乾燥を招きます。

◇食生活の乱れ
頭皮環境の悪化を招く皮脂は、ファストフードなどの脂っこいもの、
甘いものの食べすぎで過剰に分泌されます。
偏った食生活を続けると必要な栄養素が足らず、髪の成長を妨げる要因になるので注意が必要です。

■頭皮環境を良くするために必要なケア
頭皮環境が良い状態とは、血行が良く、皮脂と水分のバランスがいい状態のことを指します。
健康な髪を育むために、血行不良などを改善するケア方法を実践しましょう。

◇頭皮マッサージで血行促進
頭皮の血行を良くするには、頭皮に刺激を与えるマッサージが効果的です。

また、あまり知られていませんが、頭皮環境を良くするには頭皮のやわらかさが必要です。
頭皮を触ってみて、頭皮が動かない、むくんでブヨブヨしている、
額やこめかみ部分よりも硬いという方は、頭皮マッサージで適度なやわらかさを取り戻しましょう。
そこで、今からでも簡単にできる、おすすめの頭皮マッサージの手順をいつくか紹介します。

・手のひらを使い、頭全体を小さな円を描くように押しながら頭皮を揉む
・指の腹で頭皮を押すようにつかみ、指先に力を入れて小さい円を描きながら頭皮を揉む
・指の腹で頭皮を押すようにつかみ、頭全体をリズミカルに刺激する
・側頭部、襟足、頭頂部に向かい、指の腹で頭皮を叩くように弾く
・軽く握ったこぶしの側面で、耳の上から頭頂部の中央に向けて軽く叩く

実際に試してみて、心地がいいと感じるマッサージを選びましょう。
1回につき5分程度を、1日に2~3回ほどおこなうと効果的です。

◇正しいシャンプーのやり方を見直す
頭皮の余分な皮脂と汚れだけをしっかり落とし、頭皮が乾燥しないドライヤーのかけ方を紹介します。

<シャンプーのコツ>
・シャンプー前にブラッシングをして、髪と頭皮の汚れやホコリを浮かせる
・ぬるま湯だけで、頭全体を予洗いする
・シャンプーを手のひらでしっかり泡立て、髪の根元から毛先にかけて揉むように洗う
・指の腹を使い、頭全体をジグザグと動かしながら頭皮を揉むように洗う
・シャンプーよりも長い時間を使い、すすぎ残しのないようにしっかりすすぐ
・リンスやトリートメントは髪だけに塗り、成分が残らないようにしっかりすすぐ

このように、シャンプー前のブラッシングと予洗い、頭皮を揉むように洗う、
しっかりすすぐことが正しいシャンプーのコツです。

ドライヤーは吹き出し口から15~20センチほど離して乾かすと、頭皮の乾燥を防ぐことができます。
濡れたまま放置すると雑菌が繁殖するため、お風呂から出たら早めにドライヤーをかけましょう。

◇適度に運動する
女性は男性よりも筋肉量が少ないため、血液を押し戻す力が弱く、血行不良が起きやすいとされています。ストレッチやウォーキングといった適度な運動をおこない、血行をよくすることを意識しましょう。

◇睡眠をしっかりとる
質のいい睡眠をしっかりとることで、髪の成長に関わる成長ホルモンが十分に分泌されます。
成長ホルモンは傷付いた細胞を修復する働きがあるため、頭皮環境を健康に保つのに欠かせません。

質のいい睡眠をとるためには、次のポイントを守ることが大切です。

・寝る前のカフェイン、飲酒は避ける
・食事は寝る3時間前に済ませておく
・寝る前にスマートフォンのブルーライトを浴びない
・部屋を暗くする、無音状態にする
・寝心地のいい寝具を使う

これらのポイントを実践すると、寝つきも良くなり、朝がスッキリと目覚められるはずです。
睡眠はストレス解消にもつながるので、寝る前の習慣を見直しましょう。

◇食生活の見直し
皮脂の分泌が過剰になる食生活や、栄養が偏った食生活は今すぐ見直しましょう。
肉、魚、野菜、豆類、海藻、果物など、さまざまな食材を取ることでバランスが良くなります。

また、髪の原料になるタンパク質とアミノ酸、頭皮を健康にするビタミンB群は意識して取りましょう。
大豆、豚肉、まぐろ、レバー、キノコ類、卵、アサリは髪にいい栄養が豊富です。

■頭皮環境の改善に育毛剤をプラスしよう!
頭皮環境をより良くするために、育毛剤をプラスする方法も効果的です。

頭皮の血行促進効果が高い育毛剤「fa:sa」は、育毛成分を針に結晶化し、
頭皮の角質層まで届けるという独自の技術を採用しています。
頭皮環境の悪化を招く原因の血行不良を改善し、健康な頭皮に導くことで髪の成長を促します。

育毛の有効成分のほかに、保湿成分のヒアルロン酸、抗炎症作用や脱毛抑制などを配合。
紫外線やドライヤーなどで乾燥した頭皮にうるおいを与えられるため、
皮脂と水分のバランスが良い頭皮に導いてくれるでしょう。

■まとめ
血行不良と過剰な皮脂は、頭皮環境の悪化を招く根本的な原因です。
生活習慣やホルモンバランス、ストレス、間違ったヘアケアなど、
毎日の生活を見直すことが頭皮環境を良くするために必要です。
頭皮環境を良くするポイントを実践すると、頭皮のべたつきや乾燥が改善され、
健康な髪が育つようになります。

また、fa:saをプラスして、頭皮環境の改善に加え、抜け毛や薄毛を予防しましょう。
抜け毛の原因になる頭皮の乾燥は、高保湿成分のヒアルロン酸が効果を発揮します。
育毛の有効成分と抗炎症作用、脱毛抑制の成分が頭皮にしっかり浸透するfa:saで、
いつまでも美しい髪をキープしましょう。