髪の毛が絡まる原因とは?正しいヘアケアで髪の絡まりを予防しよう!

ブラッシングや手ぐしをしたときに、髪の毛が絡んでいてブラシが止まる、そんな経験が1度はあるでしょう。
髪の毛の絡まりが起きるのは、髪質の問題だけでなく、髪の毛のダメージが関係しています。

しかし、髪の毛の絡まりを防ぐには何をすればいいか、迷うこともあるでしょう。
今回は、髪の毛が絡まる5つの原因と絡まりの正しい対処法、髪の毛を防ぐヘアケアのコツを解説していきます。

髪の毛が絡まる5つの原因

髪の毛が絡んでしまう原因は、以下の5つが挙げられます。髪質によって原因が変わるため、自分の髪質に該当する原因を探りましょう。

髪質

もともと細くやわらかい髪質の場合、普通の髪の毛より絡まりやすいことも事実です。
それに加えて、髪の毛の長さが長くなるほど絡みやすくなります。
髪質は遺伝的な要因からくるもので、髪質をあとから変えるのは難しいでしょう。

しかし、ストレスや偏った食生活などの生活習慣が原因で、髪がさらに細くなる可能性があります。
髪の毛の絡まりを防ぐため、髪の毛にいい生活を送ることが大切です。

また、もともとの太い髪質の方でも、以下の原因で髪の毛が細くなり、絡まりやすくなります。

髪の毛のダメージ

カラーやパーマ、紫外線などのダメージにより、髪の毛の表面にあるキューティクルが開いてしまいます。
キューティクルが開いた状態とは、ささくれが起きているのと同じ状態です。
ささくれたキューティクルが引っかかることで、髪が絡んでしまうといメカニズムです。

また、ドライヤーで髪の毛を乾かし過ぎる行為や、ヘアアイロンなどの熱ダメージも絡まりにつながります。
髪の毛はもともと熱に弱いため、毎日のスタイリングで大きな負担がかかるのです。

乾燥による静電気

乾燥した空気が触れると、静電気が起こりやすくなります。静電気は髪同士がくっつく性質があり、摩擦により髪が絡まってしまうのです。

髪の毛を濡れたまま放置

髪の毛は水に濡れると、キューティクルが開く性質があります。
シャンプーのあとにドライヤーで髪の毛を乾かさないと、キューティクルが開いたままになって髪が絡まるのです。

摩擦

シャンプーやタオルドライをする際に、髪の毛を擦り合わせるように拭いていませんか?
先に述べたように、濡れた髪の毛はキューティクルが開くため、擦り合わせると絡まりやすくなります。
また、髪の毛が濡れたまま寝た場合、髪の毛が枕と擦れ、髪の毛が絡むばかりか、傷みが進んでしまうので注意が必要です。

絡まった髪の毛の対処法

ブラッシングの際にブラシが引っかかった場合、力任せに下の方向にとかすのはNGです。
一気に髪の毛をとかそうとすると、切れ毛や枝毛につながるうえに、髪の毛が傷んでもろくなってしまいます。
この場合は、歯の間隔が広いブラシやコームを使い、毛先から少しずつほどいていくといいでしょう。

また、髪の毛が絡まった際に、玉結びになることも少なくありません。
ゆるい玉結びの場合は、なるべく手でほどいてあげましょう。
結び目が固く手でほどけないときは、玉結びの部分をカットしても構いません。

また、乾燥で静電気が起きている場合、ヘアミストや霧吹きなどで保湿してから髪をとかしましょう。
広がりやすい髪の毛がまとまるため、朝のスタイリングに最適です。
ただし、シャンプーするとさらに絡まるおそれがあるため、乾いた状態でほどくことが基本です。

髪の毛の絡まりを防ぐヘアケアのコツ

髪の毛の絡まりを予防し、絡まりにくい髪にするケア方法を紹介します。

トリートメントやオイルを使う

シャンプーのあとにトリートメントを使うと、ダメージが補修されて絡まりにくくなります。
トリートメントを選ぶ際は、ツヤやうるおいをプラスする効果のあるものがおすすめです。
また、傷みがひどい場合、美容院でトリートメントを受けてもいいでしょう。

同時に髪のパサつきも気になるなら、保湿成分やオイルを使用したシャンプーに変えると、絡まりの予防に効果的です。
ヘアオイルは髪の毛の水分の蒸発を防ぐ、紫外線のダメージの軽減といった効果があり、絡まりにくい髪の毛に近付くことが可能です。

ブラッシングのやり方を見直す

静電気で髪の毛が絡まりやすい方は、静電気が起きにくい豚などの天然の毛や木を使ったタイプを選ぶといいでしょう。
また、ブラシの歯の間隔が広いタイプや、クッション性のあるパドルブラシもおすすめです。

細くやわらかい髪質の方は、毛先から根本の順に丁寧にとかすと、髪を傷めずに絡まりがほどけます。

ドライヤーで髪の毛を正しく乾かす

先に述べたように、濡れ髪で放置すると余計に髪の毛が絡まりやすくなります。

ドライヤーをする際は、髪の毛から20センチほど離し、熱のダメージを最小限にすることが大切です。
最後に冷風をあてることでキューティクルが閉まり、髪の毛の絡まりが抑えられます。

また、ドライヤーの前に洗い流さないトリートメントやオイルを使うと、熱による乾燥やダメージを防ぎ、キューティクルを保護する効果が期待できます。
指通りのいいツヤのある髪になれるので、ドライヤーで髪の毛を乾かす前のルーティンにするといいでしょう。

育毛剤で太く健康な髪の毛を目指す

育毛剤を使うことで、頭皮環境が健康になり、本来の太さの髪が育つようになります。
コスメディ製薬が展開する「fa:sa」は、育毛の有効成分やヒアルロン酸を針状に結晶化した新しい育毛剤です。
針のパックを分け目に貼り、専用トニックで針を溶かすことで頭皮の角質層まで成分がしっかり浸透します。

頭皮にうるおいが与えられ、かつ血行も促進するため、ヘアサイクルが正常に働いて健康な髪が育ちやすくなります。
ダメージなどで髪の毛が細くなった方こそ、fa:saでハリとコシのある髪の毛を取り戻しましょう。

まとめ

ダメージでキューティクルが開くと、ささくれ状のキューティクルが引っかかることで絡まりが生じます。
キューティクルが開く原因は、パーマやカラーの回数が多い、紫外線や静電気、摩擦、濡れた髪の毛を放置するといった行為が挙げられます。
絡んだ髪の毛を無理やりブラシでほぐすと、髪の毛が傷んで切れてしまうので注意が必要です。

また、傷んだ髪の毛はトリートメントやオイルで補修することで、キューティクルが閉じて絡まりにくくなります。
正しいドライヤーの使い方やブラッシングのコツも取り入れることで、絡まりにくい美しい髪の毛になれるでしょう。
育毛剤で根本から髪の毛を健康にする方法も、絡まりを防ぐ方法の1つです。

fa-saは頭皮環境を健康にし、髪の毛が成長しやすい頭皮へと導きます。
ダメージなどで髪の毛が細くなってしまった方は、ぜひfa-saで頭皮と髪の毛のケアをしてみてはいかがでしょうか?