髪が長いと抜けやすいって本当?!抜けやすくなる3つの要因と抜けにくくするヘアケア

「ロングヘアは髪が抜けやすい」、そんな話は耳にしたことはありませんか?
女性にとって髪はとても大切なもので、大切に伸ばしてきた髪が抜けるのだけは避けたいと思うことでしょう。

しかし、本当に髪は、長いから抜けやすくなるのでしょうか。
今回は、長い髪が抜けるといわれることの真相、髪が抜けやすくなる要因、長い髪をキープするヘアケアについて解説していきます。

髪が長い=抜けやすいは間違い!

結論からいうと、髪が長いからといって抜けやすくなることはありません。
「髪が長いとその重みで抜けるのでは?」、という説もあるようです。
しかし、髪の毛は1m伸ばしても1g程度と軽いため、髪の重みで抜ける可能性は考えられないでしょう。

そもそも髪はずっと成長するものではなく、やがて成長が止まり、自然に抜け落ちていきます。
これをヘアサイクルといい、以下の状態をくり返しているのです。

  • 成長期…毛乳頭が活動し、髪が徐々に成長する期間
  • 退行期…毛乳頭の活動が弱くなり、毛球が萎縮して髪の成長が止まる
  • 休止期…毛乳頭の活動が止まり、髪が自然に抜け落ちる

このヘアサイクルの働きにより、1日に50~150本程度髪が抜けるのは正常の範囲です。

長い髪が抜けやすくなる3つの要因

先に述べたように、髪が長いことは直接的な抜け毛の原因にはなりません。
しかし、なぜこのような説があるのかというと、長い髪ならではといえる、以下の要因が考えられます。

ヘアケアが不十分になりやすい

髪が長い方で、シャンプーがしにくいと感じたことはありませんか?
髪の量も多いと頭皮が十分に洗えずに皮脂や汚れが残る、すすぎが不十分といったことになりやすいのです。
シャンプーの成分が毛穴に残ったままになると、やがて酸化して抜け毛につながります。

また、ドライヤーを使う時間も長くなるため、髪がダメージを受けて抜けやすくなる可能性も考えられるでしょう。

髪を引っ張る髪型

長い髪をポニーテールやお団子にまとめる、ヘアアイロンでしっかり巻くという方も多いでしょう。
しかし、このような髪を引っ張る行為を習慣にしていると、引っ張る力で髪が抜けるうえに、血行不良で髪が成長できずに抜け毛が起きるのです。

これは「牽引性脱毛症」という症状です。
抜け毛の毛球部に白いものがある、または毛球部にヒゲ根がある場合、牽引性脱毛症の可能性があります。
髪型を変えないかぎり抜け毛が増える可能性があるので、髪型を毎日変えることを心がけましょう。

頭皮が蒸れやすい

髪が長いと風通しが悪く、頭皮が蒸れやすい状態になります。
そもそも頭皮の皮脂腺はTゾーンの2倍以上あるといいます。

頭皮が汗と皮脂で蒸れてしまうと、細菌の繁殖や皮脂の酸化で頭皮の健康状態が悪くなるのです。
頭皮環境の悪化は抜け毛だけでなく、頭皮のいやなニオイにつながるので注意しましょう。

長い髪をキープするヘアケアのコツ

長い髪を抜けにくくするために、4つのヘアケアのコツを紹介します。ロングヘアの方は今日から実践してみてください。

丁寧なヘアケアを心がける

シャンプーがやりにくい長い髪は、以下の手順でシャンプーすると汚れをしっかり落とせます。

  1. シャンプーの前のブラッシングで、髪の絡まりを解く頭皮の皮脂を浮かせる
  2. シャンプーを使う前に、37℃程度のぬるま湯で髪と頭皮を洗い流す
  3. シャンプーを手のひらで泡立て、頭皮をしっかりもみ洗いする
  4. すすぎ残しのないよう、時間かけてしっかりすすぐ
  5. 頭皮を避け、トリートメントを髪の中間から毛先に揉み込む
  6. 5分程度放置して洗い流したら、最後にコンディショナーをする

この方法のポイントは、1のブラッシングと2のシャンプー前の予洗いです。
あらかじめ髪の絡まりを解いておくことで、髪同士が擦れるのを防ぎます。

予洗いは髪と頭皮の汚れを洗い流すだけでなく、シャンプーの泡立ちを良くなるので一石二鳥です。
また、毛先が傷みがちになるので、毛先はシャンプーをしないとより良いでしょう。

なお、長い髪に適したシャンプーは、髪を傷めないアミノ酸系の洗浄成分、髪にハリを与える、補修成分が配合されたものがおすすめです。
髪を長くなると傷みやすいので、毎日のシャンプーでケアしてあげましょう。

ドライヤーのやり方を見直す

ドライヤーの前のタオルドライは、髪を擦らずに水分を吸い取るのがコツです。
ドライヤーは乾きにくい根元や襟足からはじまり、次に耳の上から頭頂部と前髪の順番で乾かしましょう。
ドライヤーを左右に小刻みに振りながら乾かすと、髪内部のタンパク質の変性を防ぐことが可能です。

乾き具合が80%くらいで熱風をやめ、残りの20%で冷風に切り替えます。
上から下の方向で蹴流れを整えながら、開いたキューティクルをキュッと締めましょう。

また、ドライヤーの前に、ヘアオイルや洗い流さないトリートメントで髪を保護すると、ダメージを軽減できます。

ヘアスタイルを変える

牽引性脱毛症になりかねないような髪型を、日常的にすることは避けましょう。
まとめずに下す、分け目を変えるなどの工夫が必要です。

また、ロングよりもショートヘアの方が、抜け毛リスクが低いといえます。
髪の傷みや抜け毛が気になる方は、思い切ってカットしてみるのも1つの手です。

育毛剤で頭皮環境を健康に保つ

先に述べたように、髪が長いと汗と皮脂で蒸れやすく、頭皮環境が悪化しやすい状態です。
頭皮環境の悪化は健康な髪が育ちにくくなり、抜け毛が加速する可能性があります。

頭皮を健康にするには、コスメディ製薬の育毛剤「fa:sa」がおすすめです。
fa:saは血行促進成分や育毛の有効成分、高保湿成分のヒアルロン酸などを配合した育毛剤です。
これらの成分を独自のマイクロニードル技術で針状に結晶化し、頭皮で溶ける段階で角質層の奥まで成分が浸透します。

fa-saを使い続けることで血行と新陳代謝が向上し、頭皮環境が健康な状態に近づきます。
頭皮が健康になると太く健康な髪が育つうえに、正しいヘアサイクルに導く効果も期待できます。
長い髪でも抜け毛が気にならなくなり、美しい状態の髪をキープできるでしょう。

まとめ

厳密にいうと、髪が長いから抜け毛が多くなるということはありません。
しかし、不十分なヘアケアや牽引性脱毛症、ドライヤーのかけ方で抜け毛が起こる可能性はあります。
シャンプーとドライヤーを正しい手順で行なうと、弱った髪を健康になるでしょう。
また、牽引性脱毛症は髪型を変えることで症状が落ち着くはずです。

そして、抜け毛を防ぐもう一つの方法として、育毛剤のfa:saを取り入れることをおすすめします。
fa:saは頭皮と髪を健康にする成分が角質層まで浸透し、髪が長いことで悪化しがちな頭皮環境を健康にする効果が期待できます。
太く健康な髪が育つことで、ロングヘアでも抜け毛が気にならなくなるでしょう。