ファーサ スキャルプパッチの画像1
ファーサ スキャルプパッチの画像2
ファーサ スキャルプパッチの画像3
ファーサ スキャルプパッチの画像4
ファーサ スキャルプパッチの画像1
ファーサ スキャルプパッチの画像2
ファーサ スキャルプパッチの画像3
ファーサ スキャルプパッチの画像4

ヒアルロン酸マイクロニードル

ファーサ スキャルプパッチ

<頭皮用シート状美容液>

Scalp Patch

スキャルプケア成分を
マイクロニードルで直接注入※1
ヒアルロン酸マイクロニードルを採用した頭皮用シート状美容液です。スキャルプケア成分を、微細な針に結晶化して並べました。ダイレクトに皮膚に注入し、頭皮の内側※1へ成分を行き渡らせて、地肌と毛髪のすみずみ※1までより効果的に成分を浸透させ、頭皮にうるおいと、毛髪にはり・こしを与えます。
週2回を目安に、頭頂部、前頭部、分け目、生え際など気になる箇所にご使用ください。
※「ファーサ 育毛トニック」と一緒にお使いください。

● 内容量:3枚×8セット
● 使用目安:週2回、1回3枚 ※1 角質層まで

無着色・無鉱物油・アルコールフリー

fa:sa(ファーサ)スペシャルケア 簡単!3ステップ fa:sa(ファーサ)スペシャルケア 簡単!3ステップ

  • 1 貼って

    貼っての画像
    アダプターにパッチをつける!
  • 2 押さえて

    押さえての画像
    頭皮の気になる所に押しつける!
    ※角質層に届けます
  • 3 ワンプッシュ!

    ワンプッシュ!の画像
    トニックボトルをワンプッシュ!
    ※育毛成分が浸透します

ファーサ スキャルプパッチ

内容量:3枚×8袋

マイクロニードルで角質層まで直接注入

※「ファーサ 育毛トニック」と一緒にお使いください。
ファーサスキャルプパッチの画像

ファーサ スペシャルケアセット(約1ヶ月分)

内容量:スキャルプパッチ 3枚×8セット、育毛トニック 150ml

すぐに本格育毛ケアを体験できるスターターセット

ファーサ スペシャルケアセットの画像
まずは3ヶ月続けてみてください
定期コースのご案内 定期コースのご案内

商品特長

Point1 業界初!
溶ける針でできた約500本の頭皮用ニードル。

髪にうるおい、はり・こしを与えるスキャルプケア成分を、微細な針に結晶化して並べた、頭皮用のマイクロニードルです。

  • 1シートに約500本のマイクロニードルが並んでいます。の画像

    1シートに約500本のマイクロニードルが並んでいます。

  • 富士山型のニードルで角質層に直接届けることが可能な独自のマイクロニードル技術。の画像

    富士山型のニードルで角質層に直接届けることが可能な独自のマイクロニードル技術。

溶ける針(スキャルプパッチ)の
主な成分

髪にはり・こしを与える
  • モズクエキスの画像

    モズクエキス※1

  • ガゴメ昆布フコイダンの画像

    ガゴメ昆布フコイダン※2

  • オタネニンジン根エキスの画像

    オタネニンジン根エキス

頭皮・毛髪に潤いを与える
  • ヒアルロン酸の画像

    ヒアルロン酸Na

頭皮・毛髪をすこやかに保つ
  • ショウガ根茎エキスの画像

    ショウガ根茎エキス

※1 クラドシホンノバエカレドニアエ多糖体 ※2 ガゴメエキス

マイクロニードル技術とは

マイクロニードル技術とはの画像1 マイクロニードル技術とはの画像2

本来、分子の大きな美容成分を効果的に皮膚内に入れることは不可能でしたが、「マイクロニードル」は皮膚本来の成分であるヒアルロン酸やコラーゲンなどから構成されているため、貼付すると皮膚※1で溶け出し、簡単に美容成分を角質層まで届けることが可能になりました。

2015年グッドデザイン賞
ファーサに採用されている弊社技術「マイクロニードル技術」は、優れた薬剤等送達効果が期待できる画期的なデザイン性が評価され、2015年グッドデザイン賞を受賞しました。
※1 角質層まで

Point2 マイクロニードルで直接注入。
頭皮内で針(スキャルプパッチ)が溶けてしっかり浸透。

マイクロニードルを頭皮にさすと、肌の水分によって針が溶けはじめます。さらにその上から、育毛トニックを噴射することで、頭皮にWで浸透し、強くすこやかな髪を育てます。

育毛トニック
育毛トニックの画像
スキャルプパッチ + 育毛トニック
スキャルプパッチの画像
スキャルプパッチ + 育毛トニックの画像

マイクロニードルの溶ける様子

マイクロニードル貼付前 マイクロニードル貼付後
先端・信頼の技術による
医療への貢献を目指して

コスメディ製薬が目指すべきところは、経皮吸収技術による医療への貢献です。現在はマイクロニードル技術を応用して、C型肝炎やインフルエンザワクチンを経皮吸収させる「投薬シート」や「ワクチンパッチ」など、貼るだけで免疫を誘導する、これまでになかった医薬品の開発をすすめております。
貼付型ワクチンの開発により、医師や看護師がいない状況での自己投与も可能になれば、パンデミック(感染症の世界的な大流行)時の活用が期待されるほか、途上国のワクチン接種普及にも役立てるのではないかと考えています。

先端・信頼の技術による医療への貢献を目指しての画像