目の下の線は自宅でケアできる!線が出る原因と消す方法

目の下に影のような線が出ていたら、ゴルゴ線かもしれません。
ゴルゴ線は「老け」や「たくましさ」といった印象を与えやすいため、女性らしい顔立ちを目指すには今すぐケアしていく必要があります。

そこで今回は、目の下の線を消す方法について解説します。
線ができてしまう原因や自宅でできるセルフケア方法についても紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

目の下の線には名前がある?線ができる4つの原因

クマや涙袋と異なる目の下の線は、通称、ゴルゴ線(ゴルゴライン)と呼ばれています。
ゴルゴ線は目の下周辺の脂肪が下垂することで鼻筋に線のようなくぼみができた状態をいい、シワとは異なります。

線ができた顔立ちがマンガの主人公によく似ていることからゴルゴ線と呼ばれるようになりましたが、線の位置がチークの内側であることから、ミッドチークラインとも呼ばれています。
この目の下の線は遺伝や骨格などで生まれつきできる場合もありますが、新たにできた場合、主に以下のような原因があります。

筋肉の衰え

目の下側(眼輪筋)などの表情筋が衰えることにより、頬がたるんでくぼみができます。

加齢

加齢によりコラーゲンが減少すると肌の弾力が失われ、頬周辺の脂肪がたるむことでくぼみができます。

脂肪の下垂

むくみや皮下脂肪の蓄積は肌のたるみにつながり、目の下の線を強調させる場合があります。

表情のクセ

顔の中心に向かってシワを寄せるような笑い方が多いと、シワの定着により目の下の線ができやすくなります。

次は、目の下の線を消す4つの方法について見ていきましょう。

目の下の線を消す方法①:表情筋を鍛えるトレーニング

表情筋を鍛えることで頬の下垂を防ぎ、目の下の線やくぼみを薄くできます。
衰えている箇所を中心にトレーニングしていきましょう。

頬周辺のトレーニング方法

口を軽く開き、前歯を突き出すと同時に下唇と顎を内側へ引き寄せ、10秒キープします。
目線は上にして、頬骨の下側を指で軽く押して頬の筋肉を引き上げるように行いましょう。

頬と目周辺のトレーニング方法

頬を4本の指で軽く押さえ、口を開けて唇を歯に巻きつけます。
目を細めるように閉じる・開けるといった動作を5~10回繰り返し、目周辺と頬の筋肉を刺激しましょう。

目周辺のトレーニング方法

目を大きく見開いたら、6秒間強く瞑ります。
この動作を3回繰り返し、目の奥にある筋肉を刺激しましょう。

目の下の線を消す方法②:コリをほぐすマッサージ

目や頬周辺の筋肉が凝り固まると、筋肉が衰える原因となります。
目の酷使などで疲れが溜まっている方は、筋肉のコリをほぐすマッサージを取り入れましょう。

フェイスラインの筋肉をほぐす方法

顎から耳の下にかけて、フェイスライン上にある骨をつかむようにプッシュし、顔の筋肉をほぐします。

頬周辺の筋肉をほぐす方法

頬骨を親指で押し上げた状態で口を開閉します。
小鼻側から耳にかけて親指を移動し、5箇所で口の開閉を行いましょう。

目周辺の筋肉をほぐす方法

目周辺の骨のくぼみを優しくプッシュします。
上側は親指で押し上げるように、下側は中指で押し下げるように行いましょう。
最後に眉頭から眉尻に向かって3本の指でくるくると円を描くようにマッサージをします。

目の下の線を消す方法③:肌にハリを与える

肌にハリや弾力を与えることも目の下の線を解消するのに効果的です。
肌を若々しく保ち、目の下の線をなくしていくための工夫を紹介します。

保湿重視のスキンケア

肌が乾燥するとシワやたるみができやすく、目の下の線が出やすい環境に。
保湿効果の高いスキンケアを取り入れ、肌の水分が失われないようにしましょう。

紫外線対策

紫外線は肌内部のコラーゲンにダメージを与え、ハリや弾力を低下させます。
1年を通して紫外線対策を怠らず、外出しない休日も窓からの紫外線があればUVケアを行いましょう。

良質な睡眠

睡眠時は新しい細胞が生成されます。
日中の疲れを解消して美肌の土台を作るためにも、リラックスできる環境で質の良い睡眠を確保するよう心がけましょう。
早めの入浴や軽いストレッチ、就寝前のマッサージなどが効果的です。

栄養バランスの良い食事

肌の潤いや弾力をキープするには、良質なタンパク質とビタミン、イソフラボンをバランス良く摂取することが大切です。
特に、美肌づくりに欠かせないビタミンA、ビタミンC、ビタミンEは積極的に摂取したい栄養素です。

目の下の線を予防するなら眼精疲労を溜めない工夫が大切

ここまで紹介した方法で今ある目の下の線をケアするなら、新たな線やくぼみができてしまわないよう予防することも欠かせません。
現代はスマートフォンやパソコンなどで目を酷使しやすく、眼精疲労の蓄積から目の下の線ができやすい環境にあるといえます。

眼精疲労は目や頬周辺の神経や筋肉を硬直させ、目の下の線を招きやすいため注意してください。
日ごろ目が疲れやすいという人は適度な休憩やマッサージ、ホットマスクなどを取り入れ、眼精疲労を溜めない工夫を心がけましょう。

まとめ

目の下の線にはゴルゴ線(ゴルゴライン)やミッドチークラインといった名前があります。
この線は「筋肉の衰え」「加齢」「脂肪の下垂」「表情のクセ」といった4つの原因から発生しやすいため、原因に合わせた対処方法を取り入れて効果的にケアしていきましょう。

また、眼精疲労の蓄積は目の下の線を招きやすいため注意が必要です。
目を酷使している方は目の疲れを取り除く工夫を行い、目の下の線を予防していきましょう。

この記事の関連商品

合わせて読みたい関連記事

pagetop