【30代からの美容法】肌断食の効果と成功できるやり方をご紹介


「20代と比べると30代で肌質が変わった」、と感じたことはありませんか?20代は簡単なケアでもキレイな肌でいられますが、肌の変化によってスキンケアに力を入れはじめる方も少なくないでしょう。

しかし、丁寧なケアをすると肌が慣れてしまい、肌本来が持つ機能を眠らせてしまうのです。その機能を呼び覚まし、キレイな肌を取り戻す美容方法が肌断食です。今回は、肌断食のメカニズムと美容効果、肌断食の正しいやり方について解説します。

■肌断食のメカニズムと効果
肌断食はどのような美容法なのか、そのメカニズムと期待される美容効果について見ていきましょう。

◇肌断食で美肌になるメカニズム
肌断食とは、バリア機能やターンオーバーといった、肌本来の機能を引き出す美容法です。毎日しっかりケアをしているほど、肌がその状況に慣れてしまい、肌の機能が眠った状態になります。洗顔料やクレンジング料、基礎化粧品、メイクなど、肌に与えるもの、つけるものをすべて断つことで本来の肌に近付けるのです。

洗顔料や化粧品には、界面活性剤や防腐剤、添加物などの化学物質が使われています。洗顔料を例にすると、高い洗浄力で必要な皮脂を洗い流してしまい、乾燥や皮脂の過剰な分泌を引き起こします。
化粧品に含まれるさまざまな化学物質は、敏感肌や肌荒れ、アレルギー症状などの原因の1つです。

つまり、洗顔で肌に必要なものを落としてしまううえに、スキンケアで肌に刺激を与える、という悪循環につながるのです。

肌断食で悪循環の連鎖を断ち切ってダメージを減らすことで、肌のバリア機能や正常なターンオーバーなど、肌本来が持つ機能を引き出す効果が期待できるのです。

◇肌断食で期待される効果
肌断食をするとターンオーバーが正常になり、外部の刺激から肌を守るバリア機能、バリア機能による保湿機能を回復することができます。

バリア機能は角質層内に水分を蓄える働きがあり、分泌される皮脂で肌の表面に膜が作られて、うるおいのある肌を保つことができます。乾燥しにくい肌になれるうえに、乾燥による皮脂の過剰な分泌が抑えられ、テカリやニキビができにくい肌に変わるのです。

ターンオーバーが正常に働くと古い角質が剥がれ落ち、新しい肌に生まれ変わります。そのため、毛穴の詰まりや開き、黒ずみなど、30代によくある毛穴の悩みに効果的です。

また、スキンケアを減らすことで肌に与える摩擦も減り、肌のキメが整う効果や、肌荒れの改善効果も期待できます。肌本来が持つ機能を発揮できると、季節による温度差や環境変化によるストレスにも負けない、強い肌になれることも肌断食の効果の1つです。

■肌断食のやり方と成功させるポイント
30代の肌の悩みに効果的な肌断食は、以下のポイントを踏まえて実践しましょう。

◇最初は少しずつ量を減らす
完全な肌断食のやり方は、「水洗顔だけで他のケアは何もしない」という方法です。しかし、いきなりすべてのケアをやめてしまうと、手に負えないくらい肌が荒れてしまう可能性があります。

はじめて肌断食をする場合は、クレンジングをやめる、メイクを軽くする、乳液などの保湿をやめる、化粧水をやめるなど、徐々にメイクやスキンケアを減らすようにしましょう。

◇肌断食の4つのやり方
肌断食の代表的な4つのやり方をご紹介します。完全な肌断食に行き着くまでの間や、メイクが欠かせない方など、自分に合った方法から実践しましょう。

・完全な肌断食
完全な肌断食は、水洗顔のみ、メイクなしという究極のシンプルケアです。汗や皮脂の汚れが気になるときは、界面活性剤を使っていない石けんを使って洗顔します。ただし、洗顔後は基礎化粧品を何もつけないため、乾燥が気になるときはワセリンで保湿をします。

・夜だけ肌断食
夜だけ肌断食とは、夜のクレンジング、洗顔、化粧水や乳液を断つ方法です。日中にメイクをする必要がある方は、夜だけ肌断食がおすすめです。

しかし、メイクをするとクレンジングで落とす必要があるため、お湯だけで落ちる下地を使う、もしくはミルクやジェルなどの洗浄力が高すぎないものを使いましょう。洗顔料は洗浄力の高いものは使わず、石けんを使うこと、しっかり泡立てて肌を擦らないことが大切です。

・休日だけ肌断食
水洗顔のみ、メイクをしないという完全型を、メイクをしなくていい休日だけ行う方法です。休みの前日はクレンジングと洗顔で汚れをきれいに落とし、基礎化粧品はつけないことがポイントです。

翌朝は水洗顔のみで、何もつけないまま1日を過ごしましょう。夜の洗顔もできれば水洗顔、皮脂汚れが気になる方は石けんで洗います。休み明けはいつも通りの洗顔とメイクをしてOKです。

土日などの連休で取り組むとより効果的ですが、1日だけでも肌の変化を感じられるでしょう。

・クレンジングだけ肌断食
もっとも簡単な肌断食は、界面活性剤を含むクレンジングを使わない方法です。クレンジングはメイクを落とすときの摩擦と、界面活性剤の刺激が相まって肌に大きな負担を与えてしまいます。そのため、クレンジングをやめるだけでも、肌断食につながるのです。

クレンジングを使わない代わりに、お湯で落とせる下地を使うか、メイクを落とせる洗顔料を使い、肌の摩擦と負担を減らしましょう。また、洗浄力が高いクレンジングが必要なカバー力が高いコスメから、お湯で落とせるミネラル系コスメに変える方法も効果的です。

◇生活習慣にも気を配ろう
肌断食を行う際は、食事や睡眠、ストレス解消といった生活習慣に気を配ることも大切です。

食事の面では、肉や野菜などをバランスよく取る、甘いお菓子や脂っこい食べ物を控える、深夜の食事は避けるなど、不規則な食生活を見直しましょう。

そして、肌のターンオーバーが正常に働くには、寝ている間に分泌される成長ホルモンが欠かせません。成長ホルモンの分泌は、眠りはじめてから3時間の間に深い眠りに入っている必要あります。深い睡眠に入るためには、寝る4時間前に食事を終わらせること、寝る前に部屋を暗くすると効果的です。

メイクをしない分、紫外線を浴びないように日傘や帽子を使うこと、日中はなるべく外出しないことも大切です。また、肌断食中は何もしない無防備な状態なので、手で肌に触れることも負担になるので注意しましょう。

◇乾燥が気になる場合は部分的にケアをする
石けんや水で洗顔したあとに何もつけないことが基本ですが、空気が乾燥する冬場など、どうしても乾燥が気になるときもあるはずです。そういう場合は我慢せず、乾燥している部分に最低限の保湿ケアを行いましょう。

肌断食で推奨されているのは、石油を高精度で精製し、余分な成分を含まないワセリンです。しかし、石油由来が気になる方や、肌に合わない、ベタつきが気になるという方は、ワセリンをベースにしたクオニスの高保湿クリームがおすすめです。肌の表面に保護膜を作ってくれるため、肌のバリア機能による水分の保持効果を助けてくれるでしょう。

■まとめ
肌断食は肌に何も与えない、つけないことで、肌が持つターンオーバーやバリア機能を正常化する効果が期待できます。はじめて肌断食をする方は、完全な肌断食ではなく、クレンジングや洗顔、保湿、化粧水と順番に少しずつケアを減らしましょう。夜だけや休日だけ、クレンジングだけでも、肌の負担が減るので肌断食の効果を感じられるはずです。しかし、洗顔後に何もつけないことが肌断食のやり方ですが、乾燥がどうしても気になる場合は必要に応じて保湿をしましょう。クオニスはワセリンベースなので、肌のバリア機能を邪魔せず、うるおいをしっかり守ってくれます。肌断食をはじめたいけど乾燥肌で不安、という方はぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか?

この記事の関連商品

桜白 美白ケアセット

詳しく見る

ヒアルロン酸マイクロニードル ダーマフィラー

詳しく見る

フィルアップ モイスチュアローション (化粧水)

詳しく見る

合わせて読みたい関連記事

pagetop