セラミドは何の効果があるの?セラミドの役割と効果的な補給方法

スキンケアに気遣う女性なら、「セラミド」という言葉を一度は聞いたことがあるでしょう。セラミドは肌本来の成分で、健康な肌を作る重要な役割を持っています。しかし、肌に備わっているセラミドはさまざまな要因で減少し、肌トラブルの引き金になるのです。減ってしまったセラミドをどう補給するのか、気になる女性も多いのではないでしょうか?こちらでは、セラミドの役割と効果、効果的なセラミドの補給方法について解説します。

■肌が持つセラミドの役割と効果
肌本来が持つセラミドの役割と、肌に与える効果について見ていきましょう。

◇肌の水分を保持する
セラミドは肌の角質細胞のすき間を満たし、肌の水分を保持する重要な役割があります。
肌の角質細胞がレンガ状にキレイに並んだ状態が健康な肌であり、うるおいと透明感のある肌の源です。セラミドは角質細胞同士をつなぐ、いわばセメントのような役割を果たしています。

また、セラミドが角質の水分を保持できるのは、水分と皮脂の両方とつなぐ性質も関係しています。肌の角質内は「水分の層」とセラミドの仲間である「細胞間脂質の層」があり、その間にセラミドがつながって一方向に整列する「ラメラ構造」を造り上げるのです。ラメラ構造によって水分が蒸発するこがなく、常にうるおいの肌をキープできます。

◇バリア機能が正常に働く
角質細胞間にセラミドが満ちた肌は、外部の刺激から肌を守るバリア機能が正常に働きます。紫外線や摩擦、空気や室内の乾燥といった外部の刺激から肌を守ってくれ、肌トラブルが起きにくい肌になれるのです。

また、前述のラメラ構造もバリア機能に欠かせない要素です。ラメラ構造が作られた肌はキメが整い、肌トラブルのないキレイな肌に導きます。

◇セラミドはさまざま要因で減ってしまう
キメが整ったうるおいのある肌に欠かせないセラミドですが、年齢や紫外線、ストレス、摩擦などの要因で減少します。セラミドが不足すると水分を保持できず、外部の刺激を受けて、乾燥や肌荒れ、小じわやシミの原因になります。敏感肌になるケースもあるので、ケアをしても乾燥するようになったら、セラミド不足を疑ってみてもいいかもしれません。

■減ったセラミドを補給する方法
さまざまな要因で減ってしまったセラミドは、外側と内側から補給することも可能です。セラミドを補給する際の注意点を踏まえ、化粧水の選び方と使い方、内側からの補給方法をチェックしましょう。

◇たっぷり化粧水をつけても乾燥する理由
「化粧水をたっぷりつける」というケア方法は、実は間違いということをご存じでしょうか?角質細胞のすき間を埋めるセラミド本来の機能が働いていなければ、水分を与えても蒸発してしまうからです。肌表面はうるおっているように感じても、時間が経つと乾燥するのはこのためです。

◇セラミド入り化粧水の選び方と使い方
減ってしまったセラミドを外側から補給する場合、セラミド入り化粧水を使う方法が効果的です。セラミドは表皮の角質層に存在するため、外側から補給する方法は即効性があります。

ただし、セラミド入りならどれでもOKというわけではなく、「高濃度」のものを使うことがポイントです。化粧水をつけた部分だけセラミドが補給されるため、気になる部分をしっかりケアしましょう。

化粧水などに配合されているセラミドの成分は、以下の4種類が主流です。

・ヒト型セラミド(天然型セラミド)
ヒト型セラミドは酵母で作られており、人間の持つセラミドと似た働きをします。ほかのセラミドの3倍~15倍の保湿力があり、もっとも安心して使えるのが特徴です。

・動物由来の天然セラミド
馬や牛から抽出されたセラミドで、人間のセラミドと比較的近い性質を持ちます。保湿力が高く、バリア機能や肌荒れの改善効果が期待できます。ただし、動物由来は希少価値が高く、高濃度に配合するのが難しいため4種類の中でもっとも高価です。

・植物性セラミド
トウモロコシや米、大豆、パイナップルなどの植物から抽出されるセラミドです。人間のセラミドと構造がやや異なるため、ヒト型や動物由来よりも効果が低くなります。

・合成類似セラミド
石油原料から化学合成した、セラミドに似た保湿成分です。人間のセラミドと似た構造で作られていないため、3種類と比較すると効果が劣ります。ただし、天然より原料が安くリーズナブルなので、気軽にたっぷり使えるのがメリットといえるでしょう。

このように、セラミドの種類で効果や価格が異なるため、含有量と効果をもとに選ぶといいでしょう。

◇飲むセラミドもセラミド補給に効果的
外側から補給するだけでなく、飲みセラミドで内側から補給することも可能です。ドリンクやサプリで手軽に補給できるうえに、全身の皮膚にセラミドを補給できるメリットがあります。皮膚に効果があるといわれて、「グルコシルセラミド」を配合したものを選びましょう。

ただし、角質層が生まれ変わるターンオーバーは、最低でも2週間ほどかかるため、化粧水よりも即効性が低いので注意が必要です。

■年齢が気になる目元・口元ケアに「ダーマフィラープレミア」
セラミドが減少すると、目元や口元の乾燥や小じわ、シミの原因になります。目元と口元の集中保湿ケアとして、「ダーマフィラープレミア」をおすすめします。

ダーマフィラープレミアは、高い保湿効果のある「ヒト型セラミド」と「高分子ヒアルロン酸」を針状に結晶した目元・口元用パックです。セラミドは表皮の角質層の水分を保持する一方、ヒアルロン酸は角質層の奥の真皮に存在し、肌のうるおいと弾力をキープする働きがあります。

つまり、ダーマフィラープレミアは、角質層と真皮の両面からハリとうるおいを与えられるのです。乾燥小じわができやすい目元と口元に貼ると、肌の奥から押し上げるようなハリとうるおいを感じられるでしょう。

■まとめ
セラミドは肌の角質細胞のすき間を埋めて水分を保持し、バリア機能を正常に働かせる重要な役割があります。ラメラ構造ができている肌は、うるおいとキメが整った健康な肌の証拠です。しかし、セラミドは年齢や紫外線などの要因で減少するため、外側や内側から補給するケアが欠かせません。
外側のケアは、高濃度のセラミドを配合した化粧水を使うことがポイントです。ただし、セラミドの種類によって価格や効果が異なるので、成分をしっかりチェックしましょう。ドリンクなどで内側からセラミドを補給する場合、最低でも2週間は続ける必要があります。
目元と口元の乾燥や小じわが気になる方は、ダーマフィラープレミアで集中的にケアをするのがおすすめです。ヒト型セラミドと高分子ヒアルロン酸により、セラミドを補給しながらうるおいを補給できます。ダーマフィラープレミアは続けることでより効果を実感できるので、定期的なスペシャルケアとして利用しましょう。

この記事の関連商品

桜白 美白ケアセット

詳しく見る

桜白エッセンス(薬用美白保湿液)

詳しく見る

桜白(ブライトニングマイクロニードル)

詳しく見る

合わせて読みたい関連記事

pagetop