目の下のクマ・たるみは加齢が原因?改善に効果的な成分とケア方法

年齢を重ねるとともに、目の下のクマやたるみが気になりはじめるものです。実際のところ、加齢はクマとたるみの根本的な原因になります。しかし、なぜ加齢でクマやたるみが起きるのか、改善方法はあるのか、気になる方も多いでしょう。こちらでは、加齢とクマ・たるみの関係、改善に効果的なケア方法について解説します。

■加齢で目の下のクマ・たるみが起きるメカニズム
加齢で目の下のクマとたるみが起きるメカニズムは、以下の要因が関係しています。

◇肌のハリや弾力の低下
年齢を重ねると、肌のハリや弾力を生む、真皮層のコラーゲンやエラスチンなどの組織が衰えてしまいます。コラーゲンは繊維状のタンパク質で肌の表皮を支える土台となり、エラスチンはコラーゲン同士を結びつけて肌のハリや弾力を生みだします。

つまり、加齢によって肌の土台が崩れて表皮が支えきれなくなり、肌のハリや弾力が低下してたるみが起きるのです。

◇目の周りの筋肉の衰え
加齢による目の下のクマとたるみは、目の周りを囲む「眼輪筋」の衰えも原因の1つです。眼球をクッションのように支える脂肪が前に出ないよう、ドーナツ状の眼輪筋が支えています。つまり、眼輪筋が衰えると脂肪を支えきれず、目の下がたるんでしまうのです。

眼球を支える脂肪を眼窩(がんか)脂肪といい、「涙袋」という名称で広く知られています。もともと涙袋が大きい方は眼窩脂肪が多いため、目の下がたるみやすいといわれています。

また、加齢だけでなく、パソコンやスマホで目を酷使することも眼輪筋が衰える要因になります。目が疲れると血行が悪くなり、目の下のクマにつながるので注意が必要です。

■目の下のクマ・たるみの改善法
誰でも平等に年齢を重ねるものですが、何もケアをしないとクマやたるみ、シワにつながります。年齢が出やすい目の周りこそ、以下の方法でクマやたるみを改善しましょう。

◇眼輪筋エクササイズ
年齢や目の酷使で衰える眼輪筋は、意識して動かすことで筋肉が鍛えられ、目の下のたるみ改善効果が期待できます。そこで、簡単にできる眼輪筋エクササイズを2つ紹介します。

<眼輪筋全体を鍛えるエクササイズ>
・上まぶたの中央を指先で眉下まで引き上げ、その状態で10秒間目を閉じる
・まぶしいように目をすぼめ、再び10秒間キープする
・目尻の上を指先で押さえながら斜め上に引き上げ、10秒間目を閉じる

ドーナツ状についている眼輪筋を、全体的に鍛えられる方法です。目元全体のハリが生まれ、生き生きした表情につながるでしょう。

<眼輪筋の下を鍛えるエクササイズ>
・上まぶたを動かさないよう、眉尻の下あたりを指で軽く押さえる
・下まぶたに力を入れ、上方向に持ち上げて5秒間キープする
・下まぶたをゆっくり下に戻す

眼輪筋の下を重点的に鍛える方法で、目の下のたるみが特に気になる方におすすめです。

◇目元のマッサージ
目元をマッサージすると血行がよくなり、目の下のクマを改善する効果が期待できます。そこで、簡単にできるおすすめのマッサージ方法の手順を紹介します。

目の下の目頭からこめかみまで、ピアノを弾くように指先で軽く叩く
こめかみ側から目頭の方向に、目の下の皮膚を指で軽くつまむ
4本指で目の下をやさしくプレスする

目元マッサージのポイントは、刺激を与えないようにやさしくおこなうことです。目の周りの皮膚はとても薄いため、強く叩いたり、皮膚を強く引っ張ったりすると、逆効果になる可能性があるので注意しましょう。

また、血行不良で起こるクマは、「青色」をしているのが特徴です。黒いクマはたるみの影、茶色いクマは皮膚の摩擦による色素沈着と原因が異なります。

◇ハリを与えるアイクリーム
目元専用のアイクリームは、目の下にハリを与える効果、乾燥小じわの改善、美白効果など、成分によって効果が異なります。目の下のたるみに加え、たるみによる黒いクマ、色素沈着による茶色いクマに効果的なケア方法といえるでしょう。

ハリを与える効果的な成分は、「レチノール・ヒトオリゴペプチド・フラーレン・ヒアルロン酸」などが挙げられます。一方、色素沈着に効果的な美白効果成分は、「ビタミンC誘導体・グリチルリチン酸ジカリウム」などです。

アイクリームを塗る際は、目頭から目尻に向かってクリームをやさしくなじませましょう。また、アイクリームを塗るタイミングは、ナイトケアの仕上げとして取り入れると効果的です。

◇目元のヒアルロン酸パック
目元の集中ケアとしておすすめの方法は、目元や口元にハリを与える「ヒアルロン酸パック」です。中でも、ヒアルロン酸が角質層の奥まで浸透する、「ダーマフィラープレミア」をおすすめします。

高分子ヒアルロン酸は保湿効果が高い反面、分子が大きく肌に浸透しにくいという欠点がありました。ダーマフィラープレミアは高分子ヒアルロン酸をミクロの針状に結晶化することで、角質の奥まで浸透できることに成功。角質層の奥からハリを与え、目の下のたるみに効果を発揮します。

また、ヒアルロン酸を主成分として、ハリアップに効果的なレチノール・レチナール、肌のキメを整えるビタミンE、美白効果のビタミンC誘導体など、豊富な美容成分を配合。目の下のたるみに加え、さまざまな原因で起こるクマのケアにも効果的です。
■まとめ
年齢を重ねると、コラーゲンなどの肌の土台や眼輪筋が衰えることで、目の下のクマやたるみにつながります。特に、眼輪筋の衰えは加齢だけでなく、目を酷使することでも起きるので注意しましょう。
そして、肌のハリを与えるにはアイクリームや目元パックなどのスキンケア、眼輪筋の衰えにはエクササイズで筋肉を鍛える方法が有効です。目元の衰えは年齢を感じさせるため、こまめなケアで進行を食い止めましょう。目元のたるみをしっかりケアしたい方は、ダーマフィラープレミアをおすすめします。保湿成分のヒアルロン酸を針状に結晶化することで、角質層の奥まで浸透し、内側からハリを与えます。使い続けることで効果を実感できるので、スペシャルケアとして取り入れてみてはいかがでしょうか?

この記事の関連商品

ヒアルロン酸マイクロニードル ダーマフィラー

詳しく見る

桜白(ブライトニングマイクロニードル)

詳しく見る

プレミアム セルフィットクリーム (高保湿クリーム)

詳しく見る

合わせて読みたい関連記事

pagetop