くすんだ唇をピンク色にしたい!効果的な唇のケア方法とメイクのコツ

唇がくすんでいる、血色が悪い、口紅の発色が悪いなど、唇の色に悩む女性も多いのではないでしょうか?
唇は特に皮膚が薄いため、体調や唇のダメージによって色が悪くなるのです。
しかし、唇は適切なケアをすると、若々しいピンク色の唇を取り戻すことができます。
今回は、唇の色がくすむ原因と唇をピンク色にするケア方法、
くすんだ唇にメイクをするコツについて解説していきます。

■ピンク色の唇とはどんな状態?
唇は角層がもっとも薄いため、真皮の下にある毛細血管の色が反映されて唇が赤やピンク色に見えるのです。
唇は健康状態を表すといわれており、胃腸などの消化器官の調子がいいと唇がピンク色になります。
一方、赤い唇は熱による脱水状態、白い場合は貧血ぎみ、青や紫は血行不良と、
体調によって色が異なるのが特徴です。

また、唇には皮脂腺と汗腺がないうえに、角質が薄い唇はバリア機能が低い状態にあります。
紫外線や摩擦などのわずかな刺激でも唇がダメージを受け、唇の乾燥や色素沈着を起こすので注意が必要です。

■唇の色がくすむ原因とくすみ色の唇をピンクにするケア方法
唇の色がくすんでしまう原因と、原因に対する適切なケア方法を紹介します。

◇紫外線ケア
顔や手足の紫外線対策は抜かりない方でも、唇の紫外線ケアはつい忘れがちになるものです。
紫外線ケアを怠ると、知らないうちに唇が日焼けをして、色素沈着によるくすみが起こります。
唇はもともとメラニン色素が少ないため、日焼けをしても気付きにくい性質があります。
しかし、紫外線は着実に唇にダメージを与え、気付いたときには唇がくすむので注意しましょう。

唇の紫外線ケアとして、UVカット効果のあるリップクリームをこまめに塗りましょう。
リップクリームは縦ジワに沿って塗ること、唇を擦らずに塗ることがポイントです。
日差しが強い日中に外出する際は、日傘や帽子をプラスしてもいいでしょう。

◇唇への摩擦を減らす
先に述べたように、唇はバリア機能が低く、常に刺激を受けやすい状態です。
唇を舐める、ティッシュなどで拭くといった唇を摩擦する行為は、色素沈着によるくすみにつながります。
無意識に唇を舐めたり触ったりする癖がある方は、癖をやめるように心がけましょう。
また、洗顔やクレンジングでついゴシゴシと洗ってしまう方は、
肌の上をすべらせるようにやさしく洗うことが大切です。

◇血行を良くする
冷えやストレス、運動不足などの血行不良で、唇が青や紫に見えます。
全身の血行を改善するために、適度な運動を続ける、
ストレスをなるべく溜めないといった生活習慣の見直しが必要です。

体全体の血行を改善する方法に加え、唇を直接マッサージして血行促進する方法も効果的です。
リップクリームやワセリンを唇に塗り、「指先で唇をトントンと軽く叩く」、
または「唇の中央から口角へ、指の腹で円を描くようにマッサージ」するだけという簡単な方法です。
全身の血行がよくなっている、お風呂上がりにおこなうとより効果的でしょう。

◇唇を保湿する
唇の乾燥はくすみだけでなく、唇の皮むけ、ひび割れなどのトラブルにつながります。
保湿成分を配合したリップクリームをこまめに塗る、ハチミツを塗るパックなどのケアで唇を保湿しましょう。

唇のパックは、ハチミツやワセリンを唇に塗り、上からラップを被せて数分置くだけという簡単な方法です。
さらに蒸しタオルを被せると血行が良くなり、健康的な唇に近付けるでしょう。
また、唇の荒れやひび割れがある場合、薬用のリップクリームで先に唇の状態を整えてから
保湿ケアをすることが大切です。

◇生活習慣の見直し
唇は健康状態を表すため、体の内側からのケアも必要です。
ピンク色の唇は内臓の状態が健康になることが条件なので、質のいい睡眠や適度な運動、
偏りのない食生活など、規則的で健康的な生活を送ることを心がけましょう。

食事面では肉、魚、野菜とバランスを重視し、脂っこいものや冷たい食べ物や飲み物は控えることが大切です。また、粘膜を健康にする、ビタミンB2を意識してとると唇がより健康になります。

◇唇をしっかり保湿するならLIPS SHOTがおすすめ!
リップクリームを塗っても乾燥してしまう方は、唇をしっかり保湿できるLIPS SHOTをおすすめします。
LIPS SHOTはヒアルロン酸やキメを整えるビタミンを、針状に結晶化したリップパックです。
浸透しにくいヒアルロン酸も針が溶けることで角層の奥まで浸透し、
内側からしっかりと保湿できる優れものです。
また、唇のキメを整える成分も配合しているので、ツヤのあるピンク色の唇へと導いてくれるでしょう。

■血色の悪い唇をメイクでピンク色にするコツ
くすんで血色が悪く見える唇を、「今すぐピンク色にしたい!」という場合はメイクの力を借りましょう。
しかし、血色が悪い状態の唇に口紅を塗ったとしても、唇の色が口紅の発色に影響し、
理想とするピンク色にならないのです。

血色の悪さをカバーするためには、唇用コンシーラーで唇の色を消しておくことがポイントです。
唇用コンシーラーはベージュ系とピンク系があり、唇の色を均一にすることで口紅がキレイに発色します。

唇用コンシーラーを選ぶときは、肌の色に合ったものを使うことが基本です。
肌の色はイエローベースとブルーベースに分かれており、
前者はベージュ系、後者はピンク系にすると肌になじみやすくなります。

また、唇用コンシーラーは、保湿成分を配合したタイプや崩れにくいタイプ、
UVカット効果のあるタイプといった機能性を兼ね備えています。
唇のくすみもケアしたい場合、保湿成分やUVカット効果のあるタイプを選ぶといいでしょう。

■まとめ
唇は健康状態と関係が深く、内蔵などの体調がいいときに唇がピンク色になります。
しかし、唇は角質層が薄いため、紫外線や摩擦の刺激で乾燥しやすい性質があります。
また、血行不良やメラニン色素、乾燥などが原因で、唇の色がくすんでしまうのです。
くすんだ唇をピンク色にするには、保湿ケアと生活習慣の見直しが必要です。
食べ物は唇の健康と関わっているため、唇にいい栄養素を意識してとりましょう。

また、うるおいのあるピンク色の唇になりたい場合、
ヒアルロン酸がしっかり浸透するLIPS SHOTがおすすめです。
キメを整えるビタミンも配合しているため、くすみのないツヤツヤな唇へと導いてくれます。
週に数回のスペシャルケアとして、ぜひLIPS SHOTを活用してみてはいかがでしょうか?

この記事の関連商品

桜白(ブライトニングマイクロニードル)

詳しく見る

ヒアルロン酸マイクロニードル ダーマフィラー

詳しく見る

合わせて読みたい関連記事

pagetop