育毛を助ける効果が期待できる!髪に良いおすすめの食材とは?

髪にふんわりとしたボリュームがあると、それだけで若々しく元気に見えますよね。けれども、加齢やストレスなどによる、薄毛をはじめとした髪のトラブルを抱えている方は意外に多いものです。薄毛といえば、なんとなく男性の悩みのようなイメージがありますが、最近では女性や若い年代の方でも薄毛の悩みを持つ方が多くなってきています。

薄毛の悩みを解決するためには、まず何よりも育毛剤を使うのが効果的ですが、それに加えて身体の内側からのアプローチや、生活習慣の見直しなどを行うとより効果的です。こちらでは、毎日の食生活の中で積極的に取り入れたい、育毛を助ける効果が期待できる食材についてご説明します。

食材に育毛効果はあるの?

実は、摂取したら確実に育毛効果が期待できる、と医学的に証明されている食材というものはありません。ただし、漢方医学で髪は「血余(けつよ)」と呼ばれており、その漢字が表すように、髪の健康には血液の栄養状態も関係しているとされています。そのことからもわかるように、血液をはじめ全身の状態を健康的に保つことによって、間接的な育毛効果が期待できるのです。

健康的な身体づくりのためには、バランスの良い食事が不可欠。さらに、栄養素の中には、育毛を助けてくれる働きが期待できるものもあるのです。

育毛に効果的なおすすめの栄養素・食材とは?

美容室で行うトリートメントメニューなどで、「ケラチン」という言葉を見かけたことがある方も多いのではないでしょうか?「ケラチン」は、髪や爪、皮膚の角質層を形成しているタンパク質で、髪の毛の約90%は、この「ケラチン」で構成されているのです。

このことから、タンパク質も、髪の健康には大きく関係していることがわかりますね。では、育毛に効果的な栄養素や食材とは、具体的にどのようなものなのでしょうか?

タンパク質

三大栄養素のひとつであるタンパク質は、私たちの身体を構成している主要な成分です。さらに、髪や皮膚、内臓を構成しているだけでなく、血液や筋肉などをつくるために不可欠な栄養素でもあります。髪の毛の健康を保つためには、とても大切な栄養素で、肉類・魚介類・卵類・大豆製品・牛乳などに多く

含まれています。

亜鉛

亜鉛は、味覚を正常に保ち、皮膚や粘膜の健康を維持してくれる働きがある栄養素。タンパク質の合成に関わっている酵素のひとつでもあるため、髪の毛の健康には大切な栄養素です。亜鉛は様々な食材に含まれていますが、魚介類(特に牡蠣やウナギ)・肉類・藻類に多く含まれています。

ビタミンB

ビタミンB群とは、ビタミンB1・B2・B6・B12・パントテン酸・葉酸・ビオチン・ナイアシンの8種のビタミンの総称です。ビタミンB群には、タンパク質を含む三大栄養素の代謝を助ける働きがあります。髪の毛はタンパク質でできているため、ビタミンB群の摂取も、髪の毛の健康には大切です。

ビタミンB群の中でも、特にビタミンB2・B6・ビオチンは髪の健康維持に役立ちます。この3つが多く含まれている食材は、レバー・ウナギ・卵(ビタミンB2)、かつお・まぐろ・肉類(ビタミンB6)、レバー・カレイ・イワシ(ビオチン)などです。

要注意!脂肪分や亜鉛の摂りすぎは思わぬトラブルを招くことも

亜鉛は、髪の毛の主成分である「ケラチン」を合成する働きがあるため、育毛効果が期待できる食材です。ただし、だからといって過剰摂取してしまうと、嘔吐・脱水症状・発熱・倦怠感などの副作用が出る可能性があります。1日に必要な亜鉛の摂取量は年齢・性別によっても異なりますが、1日100mgを長期間にわたって摂取したり、経口で1日50mg摂取するのは避けたほうが良いでしょう。

また、脂肪分を摂りすぎると、頭皮の皮脂分泌が増えてしまって脂漏性脱毛を招く可能性が高くなるため、適量摂取を心がけることが大切です。

13食バランスよく食べることを心がけよう!

育毛剤などを使って外側からケアしつつ、こちらでご説明したような栄養素が含まれている食材を積極的に食べるようにすることはとても大切です。

また、髪や頭皮も身体の一部であることから、主食・主菜・副菜を1日3食バランスよく食べて健康的な身体をキープすることも同じように大切なこと。外食しがちな方や偏食の傾向がある方などは、特に栄養が偏らないように注意しましょう。

平日忙しく働いている方は、土日にまとめて野菜を茹でてラップで冷凍しておいたり、作り置きのおかずを用意しておくのもオススメですよ。外食の場合は、サイドオーダーでサラダを一品プラスしたり、和食メニューを選ぶようにしてみるのも良いでしょう。

まとめ

こちらでご説明してきたように、「これを食べれば育毛に効果抜群!」というような食材は残念ながらありません。ただし、育毛効果を助けてくれる働きが期待できる食材はあります。そのような食材を積極的に、かつ「適量」摂取することを心がけると同時に、栄養素が偏らないように注意しつつ、1日3食バランスよく食べるようにすることが大切です。