顔のたるみの原因は頭皮にあり!見た目年齢をアップする頭皮ケア

「顔のマッサージやエクササイズをしているのに、顔のたるみがなかなか解消しない…」、そんな悩みを抱えていませんか?顔のたるみは顔の皮膚だけの問題ではなく、頭皮の状態が深く関係しているのです。しかし、頭皮と顔のたるみがどう関係しているのか、顔のたるみを解消するには何をすべきか、気になる女性も多いでしょう。ここでは、頭皮の状態で顔がたるむ理由とその原因、顔のたるみを解消できる頭皮ケア方法について解説していきます。

■顔のたるみと頭皮の関係性
そもそも頭皮と顔の皮膚は1枚でつながっており、頭皮の状態が悪くなると顔にも影響します。顔のたるみが起きる頭皮の状態とは、頭皮の筋肉がコリで硬くなる、加齢による筋肉の衰え、頭皮の乾燥です。

頭には、額から眉間まである「前頭筋」、首の付け根の上部を覆う「後頭筋」、頭蓋骨と首の骨をつなぐ「側頭筋」という3つの筋肉があり、頭頂部にある「帽状腱膜」という膜で筋肉がつながっています。筋肉がコリで硬くなる、または筋肉が衰えると帽状腱膜が突っ張り、顔の皮膚を引き上げる働きが弱くなって顔がたるんでしまうのです。

前頭部がコリやすいタイプは心配事や考え事が多い、側頭部はストレスなどで奥歯を噛みしめることが多い、頭頂部は計算や論理的な思考をすることが多い、という傾向があります。

また、頭皮が乾燥すると失われた水分だけ頭皮が薄くなり、頭皮が下がることも顔のたるみを招きます。

■顔のたるみを招く頭皮のコリ・たるみの原因
顔のたるみにつながる、頭皮のコリとたるみを招く原因を見ていきましょう。

◇加齢による頭皮のハリ低下
年齢とともに顔のハリがなくなるように、頭皮のハリも低下します。頭皮の皮膚のコラーゲンやエラスチンが減少し、頭皮がたるむことで顔の皮膚を支えきれずに顔がたるんでしまうのです。

◇紫外線のダメージ
頭皮が紫外線を浴びると、皮膚のコラーゲンやエラスチンが破壊されます。それに加え、頭皮が乾燥することで頭皮の弾力が失われて、頭皮が硬くなると同時に顔もたるむのです。

◇血行不良
頭皮を含めた全身の血行不良は、頭皮のコリを招く最大の原因です。長時間のデスクワークやストレス、睡眠不足、運動不足などの生活習慣が血行不良につながります。また、女性の場合はストレスや加齢でホルモンバランスが乱れて血行不良になり、頭皮が硬くなったり、頭皮が伸びたりすることもあります。

◇眼精疲労
長時間のデスクワークやスマホの使いすぎなど、眼精疲労を感じる方も多いでしょう。眼精疲労は頭皮のコリを起こすだけでなく、肩や首の筋肉を緊張させて肩コリや頭痛を引き起こします。後頭部や顔全体の筋肉が下に引っ張られ、顔のたるみや老け顔に見えてしまうのです。

◇偏った食生活
コンビニや外食が中心の食生活や、アルコールを多く飲む方は、頭皮の皮脂が過剰に分泌されます。過剰な皮脂はやがて酸化し、頭皮が硬くなったり、皮脂が毛穴に詰まったりする原因になります。毛穴に汚れが詰まると髪が十分に成長できず、抜け毛や薄毛につながるので注意が必要です。

■顔のたるみを解消できる頭皮ケア
顔のたるみを解消し、リフトアップできる頭皮ケア方法を紹介します。フェイスラインのたるみや二重あご、ほうれい線が気になる方は、今日から頭皮ケアを実践しましょう。

◇頭皮をほぐすマッサージ
頭皮のたるみを解消するには、頭全体のマッサージと、フェイスラインと目元のマッサージが効果的です。そこで、今すぐ簡単にできる、3つのマッサージ方法を紹介します。

<頭全体のマッサージ>
1. 親指以外の指を折り曲げ、指の第1関節の表側を耳の周りに当てる
2. 耳の裏側から頭頂部にかけて、指の第1関節を使って頭皮を揉みほぐす
3. 後頭部に第1関節の表側を当て、頭頂部に向けて頭皮を下から上、内から外へと揉みほぐす
4. 手を広げた状態で指の腹を頭皮に当て、頭皮全体を引っ張り上げる

指の第1関節を使うのは、指先よりも力が入りやすく、頭皮の深い部分まで揉みほぐせるためです。耳周りの側頭部の筋肉を重点的にほぐすことで、たるんだフェイスラインや頬の筋肉のたるみの解消も期待できます。頭全体を引っ張り上げる際は、頭皮の皮膚だけを引っ張るイメージでおこないましょう。

頭全体のマッサージは、朝と寝る前におこなうと効果的です。さらに、より効果を実感したい場合は、なるべく毎日おこなうことがおすすめです。

<フェイスラインに効くマッサージ>
1. 耳を覆うように、こめかみ部分の頭皮に5本指を当てる
2. 頭頂部の方向に指を上げながら髪を両手でつかみ、頭皮を持ち上げながら口を「オ」の形にする
3. 2の状態で5秒キープ

1~3を5回以上おこなうと、たるんだフェイスラインや二重あごの解消が期待できます。年齢とともに顔は間延びするので、若い頃のようなすっきりした顔に近付けるでしょう。

<目元のたるみ解消マッサージ>
1. ピアノを弾くように指を軽く曲げ、生え際から2センチほど下の位置に指を置く
2. 1の状態で指の腹を押し当てながら、両手を額の中心に寄せて2秒ほどキープ
3. 1~2を5回以上くり返したら、指の位置を2センチずつ上にずらしながら同様の動作をおこなう

額から頭頂部の筋肉がほぐれ、まぶたの重さがとれることで目元のたるみの解消が期待できます。また、眉間のシワも解消するので、顔全体が明るい印象に変わるメリットもあります。

◇シャンプーのやり方を見直す
シャンプーで頭皮をしっかり洗うことで、頭皮のコリをほぐれて血行が良くなります。顔のたるみを予防するために、以下のシャンプーのやり方を実践しましょう。

1. シャンプー前のブラッシングで髪の絡まりをほどき、髪の汚れやホコリを落とす
2. 髪の汚れやスタイリング剤を落とすため、ぬるま湯で予洗いする
3. シャンプーは適量を守り、手のひらで水と空気を混ぜながら泡立てる
4. 指の腹を頭皮に当て、頭皮をマッサージマッサージしながら洗う
5. シャンプーで頭皮を洗った倍の時間を使い、シャンプーをしっかりすすぐ

上記のポイントを踏まえることで、頭皮のコリをほぐしつつ、頭皮の汚れをしっかり落とせます。すすぎ残しは頭皮のトラブルにつながるため、時間をかけてすすぐことが大切です。

◇生活習慣の見直し
顔のたるみを解消するには、血行不良を招く生活習慣をできる限り見直しましょう。

まず、睡眠不足の解消は、睡眠時間を増やすよりも、睡眠の質を上げることが重要なポイントです。睡眠の質を上げるポイントは、夕食は3時間前に済ませる、ぬるめのお湯にゆっくり入る、寝る前のスマホやアルコールは控えることです。また、寝る前にストレッチをすると寝つきが良くなるうえに、脳と体を休めるノンレム睡眠に入りやすくなります。なおかつ成長ホルモンもしっかり分泌されるので、髪の成長にも良い効果をもたらします。

そして、食生活は、タンパク質、ビタミン、ミネラルをバランスよくとることが大切です。野菜や海藻、大豆、果物なども積極的にとると、頭皮環境がより健康になります。

また、頭皮は体の頂点にあるので、紫外線を常に浴びやすい状態です。紫外線は頭皮と顔がたるむ大きな原因になるので、帽子を被る、日傘を差すなど、頭皮の紫外線対策をしっかりおこないましょう。

◇頭皮を保湿する
頭皮にうるおいを与えることで、頭皮の乾燥による顔のたるみを予防できます。紫外線を浴びたあとや、加齢によるヒアルロン酸の減少で頭皮が乾燥した場合、頭皮の保湿ケアが必要です。

頭皮を保湿する方法はいくつかありますが、保湿成分のヒアルロン酸を効果的に補給できる育毛剤「fa:sa」を使うことをおすすめします。fa:saはヒアルロン酸や育毛の有効成分を針状に結晶化したパッチを頭皮に貼り、育毛トニックを噴霧して針を溶かすという新しいタイプの育毛剤です。

高分子で肌に浸透しにくいヒアルロン酸を効率的に補給できるようにしたのが、結晶化のマイクロニードルという独自技術です。針が頭皮の内側で溶けることで、ヒアルロン酸を頭皮の角質層までしっかり浸透させることが可能になりました。頭皮がうるおうことで頭皮が柔らかくなり、顔のたるみだけでなく、健康な髪が育つ頭皮環境へと導きます。

■まとめ
顔がたるむ原因は、頭皮のコリと筋肉の衰え、ハリの低下による頭皮のたるみです。頭皮と顔は1枚でつながっているため、頭皮が硬くなったり、たるんだりすることで顔にも影響を及ぼします。顔のたるみを解消するには、頭皮のコリをほぐすマッサージ、正しいシャンプー、生活習慣の見直しが必要です。頭皮マッサージはフェイスラインや目元のたるみを解消する効果も期待できるので、朝と夜の習慣にすることをおすすめします。
また、頭皮の乾燥による顔のたるみを予防するには、ヒアルロン酸を効果的に補給できるfa:saもおすすめです。ヒアルロン酸を頭皮の奥まで浸透できるのは、マイクロニードル技術だけがなせるわざです。白髪、薄毛は年齢を感じさせる要因になるので、頭皮と顔のアンチエイジングケアとしてfa:saをぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか?