頭皮がベタつく人は必見!頭皮の脂で薄毛になるメカニズムと予防法

毛穴から分泌される脂は、皮膚の乾燥を防ぐ役割があります。
しかし、頭皮の過剰な脂は、さまざまな頭皮のトラブルに加え、抜け毛や薄毛を招くので注意が必要です。
そもそも、なぜ頭皮の脂が増えるのか、脂でなぜ抜け毛や薄毛が起こるのか、気になる方も多いでしょう。
今回は、頭皮の脂が過剰になる原因と薄毛のメカニズム、過剰な脂を抑える方法について解していきます。

■頭皮の脂で薄毛になるメカニズム
頭皮は皮膚のなかで皮脂腺がとくに多いため、過剰な脂が毛穴に詰まりやすくなります。
毛穴の脂を放置すると、酸化によって過酸化脂質に変化し、
髪の成長を阻害して抜け毛や薄毛につながるのです。

頭皮から分泌される脂は水分を保持し、頭皮の乾燥を防ぐという重要な働きがあります。
しかし、過剰に脂が分泌されると頭皮環境が悪化し、
頭皮の吹き出物や湿疹、大きなフケ、かゆみといったトラブルを招くのです。

頭皮の脂の過剰な分泌やフケ、湿疹といった症状がひどくなる場合「脂漏性皮膚炎」の可能性があります。
脂漏性皮膚炎が起こると、脂をエサにする常在菌であるマラセチア菌の異常発生により
頭皮が炎症を起こします。赤い湿疹やフケに加え、抜け毛の原因になる場合もあるので注意しましょう。

■頭皮の過剰な脂を改善する方法
頭皮のトラブルや抜け毛の原因である頭皮の過剰な脂は、以下の方法で改善することが可能です。
シャワーや食事などの行動が頭皮の脂と関係しているため、
今までの生活習慣を見直すきっかけにしましょう。

◇シャンプーで頭皮をしっかり洗う
頭皮が十分に洗えていない場合、頭皮に残った脂が過酸化脂質となって頭皮にこびりついてしまいます。
頭皮の余分な脂を落とすために、以下で紹介する正しいシャンプーのやり方を実践しましょう。

<正しいシャンプーのやり方>

  1. ぬるま湯で髪と頭皮を予洗いして、余分な脂を落としやすくする
  2. シャンプーを手にとり、ぬるま湯を足しながらシャンプーをしっかり泡立てる
  3. シャンプーを髪と頭皮につけ、指の腹で頭皮をマッサージするように洗う
  4. 生え際や耳の後ろなど、すすぎ残しのないようにシャワーでしっかりすすぐ

シャンプーをする際の注意点は、頭皮に必要な脂まで落としてしまうことです。
皮膚は脂がなくなって乾燥すると「脂不足」と判断し、
乾燥から皮膚を守るために脂を多く分泌する働きがあります。
シャンプーを1日に何回もする、洗浄力の強すぎるシャンプーを使う、といった行為をすると、
頭皮が乾燥して逆に脂が増えてしまうので注意しましょう。

また、シャンプーで落としきれない脂を落とすために、頭皮クレンザーを使う方法もあります。
頭皮クレンザーは週に数回のスペシャルケアとして取り入れ、頭皮の落としすぎを防ぐことが大切です。

◇美容院でヘッドスパを受ける
正しいシャンプーのやり方をしても、落としきれない脂や老廃物が頭皮に残ってしまうことがあります。
美容院のヘッドスパは専用のクレンジング剤やオイルを使っており、
普段のシャンプーで落ちない脂や老廃物を浮かして落とすことが可能です。
頭皮のベタつきはもちろん、ニオイやかゆみの改善につながります。

また、ヘッドスパはマッサージをしながら脂を落とすため、
頭皮のコリがほぐれ、頭皮の血行が改善されます。
頭皮環境が健康な状態になり、健康な髪が育つ効果も期待できるでしょう。

◇バランスのいい食生活に変える
頭皮の脂が過剰になる人は、脂っこいもの食べすぎている傾向があります。
揚げ物や炒め物などの油を使う料理や、脂肪分が多い肉、脂質が多い乳製品などをなるべく減らしましょう。また、炭水化物や野菜、キノコ類など、バランスのいい食生活に変えることも大切です。

◇ストレスをためない
ストレスで自律神経が乱れると同時に、ホルモンバランスが乱れることで脂の分泌が増えてしまいます。
ストレスを完全に排除することは難しいため、ストレスをためる前に発散することを心がけましょう。
友人との会話やカラオケ、好きなドラマや映画を見るなど、
自分に合ったストレス発散法を探してみてください。

◇質のいい睡眠をとる
睡眠不足は頭皮の新陳代謝を低下させ、頭皮の乾燥を招きます。
先に述べたように、皮膚が乾燥すると脂を過剰に分泌しようとする働きがあるため、
質のいい睡眠をとり、脂の分泌を正常にしましょう。質のいい睡眠をとるには、室内を暗くする、
スマホを見ない、室内の温度を適温にする、起床したら朝日を浴びる、などのポイントがあります。
 

■頭皮の脂を抑えるために育毛剤で保湿しよう!
頭皮が乾燥する原因は睡眠不足に加え、紫外線、シャンプーのしすぎ、ドライヤーの熱などが挙げられます。
頭皮の乾燥はかえって脂の分泌を促すため、
保湿ローションや育毛剤で頭皮をしっかり保湿してあげましょう。
頭皮ローションは保湿や血行促進の効果があり、過剰な脂を抑えるケアとして効果的です。

また、保湿ローションよりも効果的に頭皮を保湿したい場合、
ヒアルロン酸を配合した育毛剤の「fa:sa」が効果的です。ヒアルロン酸は高い保湿効果がある成分ですが、
肌に浸透しにくいという欠点がありあます。fa:saはヒアルロン酸を針状に結晶化し、
育毛トニックで針を溶かすことでヒアルロン酸が頭皮の角質層の奥まで浸透します。
ヒアルロン酸を配合した保湿ローションよりも効率的に保湿できるため、
頭皮の脂を抑える効果が期待できるでしょう。また、頭皮環境が健康になるうえに、
育毛の有効成分により太く健康な髪に育ちます。頭皮のベタつきと髪質の変化が気になる方こそ、
育毛剤で保湿ケアをおこないましょう。

■まとめ
頭皮の過剰な脂は、湿疹やフケ、抜け毛といったトラブルの原因になります。
過剰な脂はやがて過酸化脂質となり、髪の成長が阻害されて抜け毛や薄毛につながるので注意しましょう。
頭皮の脂を抑えるには、正しいシャンプーとヘッドスパ、食生活や睡眠などの生活習慣の見直しが必要です。
脂っこいものを多くとっている方は、食事内容をバランスのいいものに変えましょう。

頭皮の乾燥は過剰な脂の分泌につながるため、育毛剤で頭皮をしっかり保湿ことが重要です。
おすすめの育毛剤fa:saはヒアルロン酸を効率よく補給でき、脂の分泌が徐々に正常に近付くでしょう。
育毛の有効成分も配合しているため、太く健康な髪が育つ効果も期待できます。
頭皮のベタつきや抜け毛が気になる方は、ぜひfa:saを試してみてはいかがでしょうか?