頭皮の毛穴が詰まる原因に!頭皮の角栓の取り方とは?

角栓という言葉を聞くと、「小鼻の黒ずみの原因」というイメージが強いでしょう。
しかし、角栓は皮脂や古い角質で作られるもので、頭皮の毛穴は角栓ができる条件が揃っているのです。
頭皮にできた角栓はさまざまな悪影響を及ぼすため、角栓を取り除くことが必要です。
今回は、頭皮に角栓ができる原因とその影響、頭皮の角栓の取り方について解説していきます。

■頭皮に角栓ができる原因とその影響
角栓の正体を踏まえ、頭皮に角栓ができる原因、頭皮と髪に与える悪影響について見ていきましょう。

◇そもそも角栓とは何か?
角栓とは、毛穴から過剰に分泌された皮脂と、毛穴に残った古い角質、産毛などが混ざり合った塊のことです。角柱の角は「角質」を指し、角質で毛穴に栓をすることが呼び名の由来とされています。

肌の乾燥とターンオーバーの乱れにより、角質がはがれずに毛穴に溜まっていきます。
そして、毛穴に溜まった角質と皮脂が混ざり合い、毛穴が詰まることで角栓ができるメカニズムです。

◇頭皮の角栓は皮脂が主な原因
頭皮の皮脂の分泌量は、普通の皮膚と比べ、2倍ほど多いとされています。
過剰な皮脂を落としきれないと、毛穴に余分な皮脂が溜まって角栓へと変化するのです。

シャンプーで頭皮を洗えていない場合、皮脂と整髪料が毛穴に溜まることが角栓の原因になります。
また、頭皮の皮脂を落とそうと何回もシャンプーする、
洗浄力が強すぎるシャンプーを使うといった間違ったヘアケアは頭皮を乾燥させます。
皮膚は乾燥するとうるおいを守ろうとするために、皮脂の分泌を増やす働きがあり、
かえって角栓を招く結果になるためです。
偏った食生活、睡眠不足、ストレスも、皮脂の過剰な分泌やターンオーバーを乱し、
角栓ができやすくなるので注意しましょう。

また、間違ったヘアケアや紫外線で頭皮が乾燥すると、ターンオーバーの乱れを招きます。
ターンオーバーのサイクルが乱れると角質がはがれず、毛穴に溜まって角栓になるのです。

◇頭皮の角柱は頭皮と髪に悪影響を及ぼす
「頭をかいたときに白いものが指についた」、という経験はありませんか?
この白いものが角栓の正体であり、なるべく早く対策を取る必要があります。

なぜなら、 頭皮に角栓ができると髪の成長に必要な栄養が行き届かず、健康な成長が阻害されるためです。
角栓が原因で薄毛になることはほとんどありませんが、
毛穴の詰まりが髪の成長にとって悪影響であることは間違いありません。
また、毛穴が炎症してニキビに発展する、頭皮の臭いの原因になるといった悪影響もあります。

■キレイな毛穴を目指す!頭皮の角栓の取り方
頭皮の角栓を取る方法と、角栓を作らせないケア方法について紹介します。

◇シャンプーのやり方を見直す
角栓ができてしまった頭皮は、シャンプーのやり方が間違っている可能性が高いでしょう。
次に紹介する、正しいシャンプーのやり方を実践すると、角栓は次第に減っていくはずです。

<正しいシャンプーのやり方>

  1. シャンプーの前にブラッシングをして、頭皮の汚れを浮かせる
  2. ぬるま湯で頭皮をマッサージしながら予洗いする
  3. シャンプーを泡立ててから頭に乗せ、指の腹で頭皮を動かすように洗う
  4. すすぎ残しがないように、シャンプーのぬめりがなくなるまでしっかりとすすぐ

予洗いをすると髪の汚れがほとんど落ちるうえに、シャンプーの泡立ちがよくなるメリットがあります。
爪を立てずに指の腹を使うこと、シャンプーは頭皮を洗うこと、
すすぎをしっかりすることがシャンプーのポイントです。
また、角栓を取るのに適したシャンプーは、洗浄力が強すぎないアミノ酸系、
または頭皮ケアができるスカルプケアシャンプーを選びましょう。
 
◇ターンオーバーを正常化する
ターンオーバーとは肌が生まれ変わる働きのことで、
正常なターンオーバーで古い角質がはがれると角栓ができにくくなります。
ターンオーバーを正常化するには、十分な睡眠、バランスのいい食生活、適度な運動、
ストレスを溜めないことが必要です。

このなかでもっとも重要なのは、ターンオーバーがおこなわれる睡眠です。
睡眠中に分泌される成長ホルモンは、ターンオーバーを活発にする働きがあります。
就寝後の3時間までに成長ホルモンが分泌されるため、睡眠不足を解消することは角栓対策に有効です。

◇頭皮をオイルでクレンジングする
オリーブオイルや椿オイル、ホホバオイルなどを使い、
頭皮をクレンジングすると毛穴の奥の皮脂をキレイに落とすことが可能です。
そこで、頭皮のオイルクレンジングの手順を紹介します。

  1. 適量のオイルを手に取り、乾いた状態の頭皮に付けてなじませる
  2. 指の腹で頭皮に円を描くように全体をマッサージする
  3. ぬるま湯を少しずつ頭皮にかけながら円を描くようにマッサージし、水とオイルを乳化させる
  4. オイルが乳化したのを確認し、1分以上かけてしっかりすすぐ
  5. オイルを落とすためにシャンプーを2回おこなう

オイルクレンジングの注意点は「頻度」です。
毎日のクレンジングは頭皮の保湿に必要な皮脂まで取り除いてしまうため、
週に1回程度の頻度でおこないましょう。

■頭皮の角栓対策に育毛剤を活用しよう
頭皮の角栓対策は、過剰な皮脂を取り除くほかに、頭皮の保湿も必要です。
先に紹介したとおり、皮膚は乾燥すると、うるおいを保つために皮脂の分泌を増やす働きがあります。
つまり、頭皮を保湿すると皮脂の分泌が正常になり、結果的に角栓の予防対策につながるのです。

頭皮を保湿する方法として、育毛剤のfa:saがおすすめです。
fa:saはヒアルロン酸を頭皮の角質層まで補給できる育毛剤で、
頭皮がうるおうことで皮脂の分泌が正常になる効果が期待できます。
また、頭皮がうるおうことで頭皮のターンオーバーも正常に働くため、総合的な角栓対策に役立つでしょう。
そして、fa:saは抗炎症作用のグリチルリチン酸ジカリウムも配合しており、
角栓が詰まった毛穴の炎症によるニキビを防ぐ効果も期待できます。
fa:saは角栓のない健康な頭皮環境に導くことで、太く健康な髪が育つようになるはずです。

■まとめ
頭皮の角栓は古い角質と皮脂が混ざった塊のことで、過剰な皮脂と間違ったヘアケア、
ターンオーバーの乱れが主な原因です。頭皮の角栓は頭皮環境を悪化させ、髪の成長の阻害や、
頭皮が臭うといった悪影響を及ぼします。
頭皮の角栓を取り除くには、正しいシャンプーとオイルクレンジングが有効です。

また、ターンオーバーを正常化するため、睡眠を十分取るなどの生活習慣の見直しも心がけましょう。
ターンオーバーが乱れる原因の乾燥をケアするため、ヒアルロン酸を配合した育毛剤のfa:saをおすすめします。頭皮の角質層までしっかり保湿できるうえに、抗炎症作用でニキビのない健康な頭皮に導きます。
頭皮の角栓や臭いにお悩みの方は、角質を取り除くケアに育毛剤をプラスするといいでしょう。