美肌を作るスキンケア方法!透明感・乾燥肌・毛穴はスキンケアで改善しよう

自分のスキンケア方法が間違っていないか、不安ではありませんか?
スキンケアを正しく行うことで、初めて美肌の効果が期待できるものです。

肌のトラブルを防ぎ、悩みを改善するためのスキンケア方法を理解し、今こそ美肌を手に入れましょう。
まずそのためには、クレンジング・洗顔という毎日の習慣を見直すことが大切です。

ここからは、透明感・乾燥・毛穴といった悩みに効果が期待できるスキンケア方法を解説します。
ぜひ今日から実践してください。

美肌の基礎!正しいクレンジング・洗顔方法

美肌になるためのスキンケアの基本は、肌の汚れをきちんと落とすことです。
クレンジングでの落とすケアがしっかり行われると、化粧水などを塗るケアが本来の効果を発揮します。

◇美肌を作るクレンジング方法
クレンジングは、クレンジング剤を適量顔全体にのせ、優しくなじませて行います。
落ちにくいタイプのポイントメイクは、専用のリムーバーを使って先に落としましょう。
コットンにたっぷりとリムーバーを含ませ、メイクとなじませてそっと拭き取ります。

◇メイク汚れに合ったクレンジングの選び方
クレンジング剤は、タイプによって洗浄力が違うことはご存じですか?
クレンジングシートやオイルは洗浄力が強く、クリームやミルクは比較的マイルドです。
しっかりメイクの方なら洗浄力のあるクレンジング剤が必要ですが、
軽いメイクの方が洗浄力の強いタイプを使うと、肌への負担が大きすぎます。

クレンジング剤は、メイクの濃さに合わせて選んでください。

◇汚れをしっかり落とす洗顔方法
肌を摩擦から守るため、洗顔料はしっかり泡立てます。
泡立てた洗顔料は、まずアゴ ・Tゾーンなど皮脂分泌の多い部分、次にフェースラインにのせてください。
ほおは皮脂分泌が少ないので、サッと泡を行き渡らせる感じで十分です。
泡をクッションにして転がすようになじませ、泡の吸着力で汚れを吸い取ります。ゴシゴシ力を入れてこすってはいけません。

すすぐ際に熱いお湯を使うと、肌の油分が奪われてしまうので、30〜34℃程度のぬるま湯でそっとすすぎましょう。
肌に洗浄成分が残らないようにすることも大切です。

透明感のある美肌を作るスキンケア方法

透明感のある肌を作るためには、どのようなスキンケアを行えばいいのかを解説します。

◇透明感のある肌とは?
ターンオーバーが正常で、古い角質がたまっていない状態の肌です。
メラニン代謝も順調なので、くすみやシミが少ないのが特徴。

次の3つのスキンケアが、肌の透明感を導きます。

◇保湿ケア
肌の角層がうるおうとキメが整い、肌の透明感が高まります。
角層をうるおすためには、「水分」と「油分」両方が必要。化粧水をたっぷり塗ったら、
乳液・クリームなど油分でフタをします。

また、アルブチンやトラネキサム酸など美白効果の期待できる成分配合のコスメを使い続けることも大切です。
美白成分の効果は相性がありますので、効果を感じない場合は違う成分を試してみるのも良いでしょう。

◇角質ケア
メラニンを含む不要な角質を取り去り、透明感を呼び戻します。
おすすめは拭き取り化粧水とブースターです。

<拭き取り化粧水>
コットンに含ませてそっと拭き取ることで、不要な角質をからめ落とします。<ブースター>

乾燥が進み透明感を失った肌には、潤いを補うブースターを使いましょう。
ブースターを使うことで、次に使う化粧水の浸透が高まります。

紫外線ケア

紫外線ダメージの連鎖を防ぎます。アウトドアを楽しむときだけでなく、日常的なケアが必要です。

<選び方>
紫外線には「UV-A」と「UV-B」の2種類があります。
日焼け止めに表示されている「PA」は「UV-A」を防ぎ、効果は+から++++の4段階、
「SPF」は「UV-B」を防ぎ、効果の最高値はSPF50+です。
ライフスタイルや生活シーンに合わせて選びましょう。

<塗り方>
日焼け止めは、均一に広がってこそ効果を発揮します。
適量を両ほお・額・鼻・あご顔の5カ所に置き、指全体を使ってほおから順になじませましょう。

<塗り直し方>
効果を保つためは、日焼け止めは2~3時間おきに塗り直すのがおすすめです。
汗をかいたときやタオルで強く拭いたあとなどにも、水気を取って塗り直します。

乾燥肌・毛穴に効果的なスキンケア方法

次に、乾燥や毛穴の目立つ肌を改善するスキンケアを解説します。

乾燥肌を改善するスキンケア方法

<低刺激のアイテムを使う>
乾燥した肌はバリア機能が低下し、刺激に敏感です。低刺激のアイテムを使いましょう。

<入浴時間は20分以内で湯温は3840度>
熱いお湯に長時間浸かると、肌の保湿成分を失うリスクがあります。

<保湿のタイミング>
お風呂あがりにすぐ化粧水を塗ってクリームでフタをすると、効果的です。

<効果的な保湿クリームの塗り方>
化粧品の成分は、人肌程度に温めると浸透力アップが期待できます。
クリームは手のひらで温めてから塗りましょう。
おでこ・鼻・両頬・あごにつけてから顔全体に広げると、塗り忘れ部分ができません。

毛穴レスになれるスキンケア方法

タイプ別にご紹介します。

<開き毛穴>
皮脂腺が発達して皮脂の出口が大きくなり、毛穴が丸く開いた状態。
余分な角質を除去する洗顔料・美容液でケアを続ければ、真皮がふっくらとし、毛穴も小さくなっていきます。

<黒ずみ毛穴>
皮脂が空気に触れて酸化し茶色っぽく変色。汚れ・角質などが毛穴に詰まり、毛穴を押し広げて毛穴が黒ずみます。
皮脂や汚れをきちんと落とせる洗顔料を使い、すっきり洗い上げましょう。

<たるみ毛穴>
加齢で肌のハリや弾力が失われて毛穴のまわりが緩み、毛穴が楕円形になって目立った状態です。
ターンオーバーを促し、コラーゲンを増やす効果のあるアイテムを取り入れましょう。

<乾燥毛穴>
肌表面が乾燥すると、キメが乱れて毛穴の周囲が凹みます。この凹みが影となり、毛穴が黒く目立ってしまうのです。
正しい洗顔と保湿を根気よく行いましょう。

悩みに合ったお手入れで美肌を手に入れましょう

美肌を手に入れるためにまず大切なのは、正しいクレンジングと洗顔です。
肌に刺激を与えず肌を清浄にします。メイクの程度に合わせたクレンジング剤の選択も大切。
透明感を手に入れるためには、保湿・角質・紫外線の3つのケアをしっかり行いましょう。

乾燥肌と毛穴のお悩みも、スキンケアで十分改善が期待できます。
自分の肌の状態を把握し、肌に合ったスキンケアを続ければ、肌はきっと応えてくれるでしょう。

この記事の関連商品

ミルクジェル ブライトセラム (高濃度美容液)

詳しく見る

メルティング エッセンスマスク (温感フェイスマスク)

詳しく見る

桜白エッセンス(薬用美白保湿液)

詳しく見る

美白マイクロニードルセット 桜美白

詳しく見る

合わせて読みたい関連記事

pagetop