唇がふっくらするプランプ効果とは?リッププランパーとグロスの違い

次々と新しい美容方法が登場する中、
ふっくらした唇を演出できるリッププランパーが人気を集めています。
唇がふっくらする効果を「プランプ効果」と呼ぶのですが、
なぜそのような効果が可能になるのかご存じでしょうか?

ここでは、プランプ効果のメカニズムと唇にツヤを与えるグロスとの違い、
プランプ効果が期待できるおすすめのケア方法を紹介します。

■プランプ効果の基礎知識
プランプ効果の基礎知識を踏まえ、唇をふっくらさせるメカニズムと注意点をチェックしていきます。

◇プランプ効果って何?
プランプ効果とは、唇がふっくらとボリュームアップする効果を指します。

唐辛子の辛み成分である「カプサイシン」が関与しており、
唇に塗るとピリピリした刺激を感じるのが特徴です。
刺激が苦手な人はカプサイシン不使用のリップやミネラル系、
ヒアルロン酸などの保湿成分を配合したタイプをおすすめします。

◇カプサイシンが唇に与える効果
カプサイシンの血行促進効果によって、唇がふっくらとしたボリュームアップします。
唇の血色も良くなるため、くすんだ色の唇を健康的に魅せることも可能です。

また、市販のリッププランパーは、ヒアルロン酸などの保湿成分を配合しています。
唇にうるおいがプラスされるとハリが生まれるので、
年齢とともに気になる縦ジワの改善効果も期待できるでしょう。

◇カプサイシンを唇に塗っても辛くない?
カプサイシンを配合したリッププランパーは刺激や清涼感を感じるだけで、
カプサイシンの辛みはほぼ感じないので安心して使えます。
ただし、商品によっては刺激の度合いが異なるので、テスターで確認してから購入しましょう。

また、唇に傷があるとカプサイシンが刺激になり、痛みを感じるので使用を控えることが大切です。

■リッププランパーの使い方とグロスとの違い
リッププランパーの効果的な使い方と、グロスとの違いを見ていきましょう。

◇リッププランパーは下地で使うのが基本
無色透明、または乳白色のリッププランパーは、下地として使うのに最適です。
メイク前にリッププランパーを使うと唇にボリュームが増し、口紅の乗りが良くなります。
また、保湿成分も配合されているので、乾燥した唇にリップクリーム代わりとして使うのもいいでしょう。

リッププランパーを塗る際は、全体的に薄く塗ったあと、
縦ジワが気になる部分に重ね付けをすると効果的です。

◇口紅の上から使うのもOK
リッププランパーは下地だけでなく、口紅の上から塗ってもOKです。
グロスのようなツヤ感を演出できますし、
ラメやパールが入ったタイプを使うと唇の立体感もアップします。

口紅の上から塗る場合は、唇を擦らないようにポンポンと乗せていくのがコツです。
また、マット系の口紅に重ね塗りするとツヤが生まれ、唇の質感と印象を変えることができます。

◇色付きなら1本でメイクとケアが完了
色付きのリッププランパーは、1本でリップケアとメイクが完了する優秀なアイテムです。
色付きタイプも保湿成分やキメを整える成分を配合しており、美容液のような効果も得られます。
近所のちょっとしたお出かけや、メイクの時間がないときは、
色付きのリッププランパーが大活躍するでしょう。

◇リッププランパーとグロスは何が違う?
市販のリッププランパーはグロスと同じ形状ですが、効果と使い方はまったくの別物です。
グロスは光の拡散効果で唇をふっくら魅せるもので、実際に唇をふっくらできる効果はありません。

油分が主成分のグロスを口紅に重ね塗りすると、見た目が油っぽい印象になります。
リッププランパーも油分が多いものの、グロスよりテクスチャーが硬いので、
自然なツヤ感を演出できる点も大きな違いでしょう。

■ふっくらツヤツヤな唇を目指すならLIPS SHOTがおすすめ!
LIPS SHOTはリッププランパーにも使われている、ヒアルロン酸を針状に結晶化した唇専用パックです。
針が無数にあるパックを唇の上に貼り、
プランプエッセンスを塗って針を溶かすことで美容成分が角質層までしっかり浸透します。

プランプエッセンスの名の通り、プランプ効果のある「トウガラシ果実エキス」を配合しています。
わずか1分という短時間のケアで、ふっくらとしたツヤのある唇に導きます。
また、唇のキメを整える成分も配合し、リッププランパーのような美容効果も期待できるでしょう。
リッププランパーの刺激やべたつきが苦手な方や、
唇を根本からふっくらさせたい方に最適なケア方法です。

■まとめ
リップを塗るだけで唇がふっくらボリュームアップするのは、
カプサイシンによるプランプ効果によるものです。
カプサイシンの血行促進効果により、唇にハリが生まれ、血色が良くなる効果が期待できます。
ただし、カプサイシンでピリピリした刺激があるので、唇に傷がある場合は使用を避けましょう。
無色透明やパール入り、色付きなど、
タイプによってさまざまな使い方ができるのもリッププランパーの魅力でしょう。

しかし、リッププランパーの刺激が苦手な方や、唇そのものをボリュームアップしたい方は、
プランプ効果のあるLIPS SHOTをおすすめします。
トウガラシ果実エキスやヒアルロン酸などの美容成分がしっかり浸透するので、
唇が乾燥しやすい方や、ハリが足りない方も、ふっくら唇を実感できるはずです。
お出かけ前やお休み前のスペシャルケアとして、LIPS SHOTをぜひ試してみてはいかがでしょうか?

この記事の関連商品

ヒアルロン酸マイクロニードル ダーマフィラー

詳しく見る

美白マイクロニードルセット 桜美白

詳しく見る

合わせて読みたい関連記事

pagetop