唇にほくろができる原因とは?ほくろを薄くする・予防する方法を紹介

「今まで何もなかった唇に突然ほくろが現れた!」、という経験はありませんか?
ほくろと思っていたものが、シミなどの別物だった、というケースも少なくないのです。
しかし、唇になぜほくろやシミができるのか、シミを薄くする方法はないか、気になる方も多いでしょう。
今回は、唇にできるほくろの正体とシミができる原因、
唇のシミを予防するケア方法について解説していきます。

■唇のほくろはシミ?シミができる主な原因
ほくろとは色素細胞が増えた良性の腫瘍で、生まれつきや成長の過程で生じるものです。
しかし、唇に突然ほくろができた場合、唇のシミがほくろに見えるケースが一般的です。
唇になぜシミができるのか、その原因について見ていきましょう。

◇乾燥や摩擦による刺激
そもそも唇には皮膚にある汗腺と皮脂腺がなく、常にバリア機能が低い状態です。
そのため、唇は水分を保持する能力が弱いうえに、摩擦などのわずかな刺激でも唇にダメージを与えます。

唇を舐める癖、唇を拭く、辛いものを食べる、歯磨き粉やリップが落ちていない、
といった刺激でシミができるのです。

◇紫外線によるダメージ
唇はバリア機能が低いうえに、メラニン色素が少ないという特性があります。
唇以外の皮膚にあるメラニン色素は紫外線から細胞を守る働きがあり、
紫外線を浴びるとメラニン色素が過剰に生成されてシミに変わるのです。

唇はメラニン色素が少ないため、紫外線を浴びてもすぐに日焼けをすることはありません。
しかし、紫外線は確実に唇にダメージを与え、ある日突然シミとなって現れるのです。

◇血豆や内出血
唇の血豆や内出血は、唇を噛んだり、ぶつけたりすることで起こります。
血豆は自然治癒できれいに消えるため、触らずに放っておきましょう。
また、唇を噛む癖がある方は、癖を見直すことが大切です。

◇シミ以外で唇にほくろができる病気
「唇にできたほくろが大きくなってきた」という場合、
ほくろではなく腫瘍で、病気のサインかもしれません。
唇にほくろができる病気は、口唇メラノーシス、血管腫、基底細胞がんが代表的です。
病気が原因のほくろは、「だんだん大きくなる、形がいびつ」といった特徴があるため、
普通のほくろやシミと違う場合は病院を受診しましょう。
■唇にできたほくろ・シミを薄くする方法
唇にできてしまったほくろやシミを薄くしたい場合、以下のケアを実践しましょう。

◇唇にも美白ケア
唇にできたシミは、肌のシミと同様に美白ケアが必要です。
唇の美白効果が高いビタミンC誘導体を配合した、リップクリームや美容液が唇のシミのケアに効果的です。
ドラッグストアで買えるリップクリームでも、ビタミンC誘導体を配合したものが販売されています。

◇リップスクラブで角質を除去
唇にできたシミは、細胞が生まれ変わるターンオーバーによって肌の上へと排出されます。
しかし、ターンオーバーが滞った状態で古い角質が蓄積すると、
唇のキメが乱れるうえに、シミや色素沈着の原因になります。

シミがいつまでも消えない場合、リップスクラブで古い角質を除去すると効果的です。
そこで、リップスクラブの基本的なやり方を紹介します。

1. クレンジングした唇を水で軽く濡らす
2. 唇にリップスクラブを乗せ、指先で円を描くようにやさしくマッサージする
3. ぬるま湯で洗い流し、最後にリップクリームで保湿する

リップスクラブは市販のものでもいいですし、
自宅にある「砂糖」で手作りしたスクラブを使ってもいいでしょう。
砂糖(またはグラニュー糖)にハチミツ、
オリーブオイル、ワセリンのいずれかを混ぜるだけで簡単に作れます。
指でやさしく唇を擦ると古い角質が落ち、保水性のある砂糖で唇もうるおって一石二鳥です。
ただし、スクラブは唇にとって刺激が強いため、週に1~2回程度にとどめましょう。
■唇のほくろ・シミを防ぐケア方法
唇のほくろやシミの予防に効果的なケア方法を紹介します。
先に紹介した、唇にできてしまったシミ対策と一緒に実践しましょう。

◇唇にも紫外線対策が必要
顔や体と同様に、唇にも紫外線ケアが欠かせません。
UVカット効果のあるリップクリームで、こまめに紫外線対策をおこないましょう。
リップクリームを塗る際は、縦スジに沿って塗ること、力を入れて唇を擦らないことがポイントです。
また、口紅を塗る場合、UVカット効果のあるリップクリームを下地に塗り、
口紅の重ね塗りするといいでしょう。

◇保湿でターンオーバーを整える
唇のターンオーバーが正常に働くと、シミが上へと押し出されて徐々に薄くなります。
乱れた唇のターンオーバーを正常に整えるには、しっかり保湿することが基本です。
そもそも唇のターンオーバーはサイクルが短いため、保湿ケアの効果が実感しやすい特徴があります。

保湿成分を配合したリップクリームをこまめに塗る、
またはリップクリームやハチミツを塗った唇をラップで覆うパックも効果的です。

◇LIPS SHOTで唇の保湿・キメを整えるのにおすすめ!
唇がしっかり保湿できるうえに、キメを整える効果もあるLIPS SHOTは、唇のシミ対策に役立ちます。

LIPS SHOTは保湿成分のヒアルロン酸、キメを整えるビタミンなどの美容成分を、
針状に結晶化したリップパックです。
パックを唇に貼った上から、専用のエッセンスを塗って針を溶かすことで、
成分が唇の奥までしっかり浸透します。
わずか1分という短いお手入れで、唇がしっかりとうるおうのがLIPS SHOTの特長です。
LIPS SHOTで定期的に保湿ケアをすると、唇の乾燥やシミの予防に役立つでしょう。

■まとめ
唇にほくろのようなものができる原因は、紫外線や摩擦によるシミ、血豆や内出血が挙げられます。
血豆などは自然治癒により消えていきますが、ほくろのようなシミは適切なケアが必要です。
できてしまったシミには、美白ケアとスクラブによる角質の除去が効果的です。
ただし、スクラブは唇に少なからず負担を与えるので、週1~2回程度におこないましょう。
唇のシミを予防するには、紫外線ケアと保湿ケアが必要です。
UVカット効果のあるリップクリームをこまめに塗り、無防備な唇を紫外線から守ることが大切です。

そして、唇をしっかり保湿したい場合、
ヒアルロン酸などの美容成分を補給できるLIPS SHOTをおすすめします。
保湿成分として有名なヒアルロン酸をはじめとする成分を針状に結晶化したパックで、
唇の奥まで成分がしっかり浸透し、キメが整ったうるおいのある唇へと導きます。
紫外線対策にLIPS SHOTをプラスして、シミを作らせない唇を目指しましょう。

この記事の関連商品

桜白(ブライトニングマイクロニードル)

詳しく見る

桜白エッセンス(薬用美白保湿液)

詳しく見る

合わせて読みたい関連記事

pagetop